コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池西言水 いけにし ごんすい

7件 の用語解説(池西言水の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

池西言水

江戸中期の俳人。大和生。名は則好、通称は八郎兵衛、別号に紫藤軒・兼志・洛下童・鳳下堂。松江重頼の門人。全国を行脚し、初め談林風を鼓吹したが、のち蕉風に傾倒した。世に〈こがらしの言水〉といわれる。享保7年(1722)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いけにし‐ごんすい【池西言水】

[1650~1722]江戸中期の俳人。奈良の人。本名は則好。松江重頼(まつえしげより)の門人。自撰句集に「初心もと柏」がある。「木枯(こがらし)の果(はて)はありけり海の音」の句によって、世に「木枯の言水」と呼ばれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池西言水 いけにし-ごんすい

1650-1722 江戸時代前期-中期の俳人。
慶安3年生まれ。江戸で松尾芭蕉(ばしょう),椎本才麿(しいのもと-さいまろ)らと交遊。談林全盛期に名をあげ,のち蕉風に。天和(てんな)2年以降は京都で活躍。享保(きょうほう)7年9月24日死去。73歳。大和(奈良県)出身。名は則好。通称は八郎兵衛。別号に兼志,紫藤軒。編著に「江戸新道」「京日記」など。
【格言など】木枯の果てはありけり海の音(「都曲」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池西言水

没年:享保7.9.24(1722.11.2)
生年:慶安3(1650)
江戸前期の俳人。奈良の人。俳諧は松江重頼門といわれているが,重頼の選集に名はみえない。20歳代の後半ごろ江戸へ出て談林派の俳人として活躍,江戸俳壇に確固たる地位を築く。当時の彼は時代の新風を追い求める先鋭的な俳人であった。天和2(1682)年の春,33歳で京都に移住したのち,北越,奥羽,九州などに行脚し,京都定住後は京都俳壇を代表する俳人のひとりとして活躍した。俳人評判記の『花見車』は彼を太夫の位にランクし,「目はしのきいた君也」と評しているが,この評の通り,時流には敏感で,元禄年間(1688~1704)に流行し始めた前句付,笠付などの雑俳にも手を染めている。「木枯しの果はありけり海の音」という句が評判になり,「木枯しの言水」と呼ばれるようになったエピソードは有名である。<参考文献>荻野清『元禄名家句集』,宇城由文「池西言水年譜」(『連歌俳諧研究』62号)

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いけにしごんすい【池西言水】

1650~1722) 江戸前・中期の俳人。奈良の人。通称、八郎兵衛。初号は則好、別号は兼志ほか。江戸で芭蕉らと交わり、延宝期(1673~1681)の代表的な撰集を刊行して俳壇に重きをなした。編著「江戸新道」「江戸蛇之鮓えどじやのすし」「東日記」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池西言水
いけにしごんすい

[生]慶安3(1650).奈良
[没]享保7(1722).9.24. 京都
江戸時代中期の俳人。通称,八郎兵衛。初号,則武。別号,紫藤軒,洛下童,兼志。延宝4/5 (1676/7) 年から七,八年間江戸にあって,俳諧『江戸蛇之酢 (じゃのすし) 』 (79) ,『江戸弁慶』 (80) ,『東 (あずま) 日記』 (81) を編み,その後,北越,奥羽,西国,九州を遍歴,貞享1/2 (84/5) 年以後京都に定住,『京日記』 (87) ,『前後園』 (89) ,『都曲 (みやこぶり) 』 (90) などを編んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池西言水
いけにしごんすい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の池西言水の言及

【東日記】より

…俳諧撰集。池西言水(ごんすい)編。1681年(延宝9)刊。…

【言水】より

…江戸前期の俳人。重頼門。姓は池西,名は則好。通称は八郎兵衛。別号は兼志,紫藤軒,風下堂(鳳下堂),洛下堂。奈良の人。祖父良以が和歌,父柳以が俳諧をよくした影響からか,12歳のころから俳諧に親しみ,16歳には早くも法体して俳事に専念したと伝えるが,句の初出は1672年(寛文12)刊《続大和順礼集》で,23歳であった。76年(延宝4)ごろから江戸にいて,芭蕉,才麿,幽山ら気鋭の若手俳人たちと新風を競い,78年から毎年,《江戸新道(しんみち)》《江戸蛇之酢(じやのすし)》《江戸弁慶》《東日記(あずまのにき)》と出しつづけ,過渡期の俳壇に主導的役割を果たし,蕉風俳諧育成の一翼をになった。…

※「池西言水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池西言水の関連キーワード池田是誰尼坂好道半井和年雛屋立圃空存言水重頼梶山保友滝方山竹山重栄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone