池西言水(読み)いけにし ごんすい

美術人名辞典の解説

池西言水

江戸中期の俳人。大和生。名は則好、通称は八郎兵衛、別号に紫藤軒・兼志・洛下童・鳳下堂。松江重頼門人。全国を行脚し、初め談林風を鼓吹したが、のち蕉風に傾倒した。世に〈こがらしの言水〉といわれる。享保7年(1722)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いけにし‐ごんすい【池西言水】

[1650~1722]江戸中期の俳人。奈良の人。本名は則好。松江重頼(まつえしげより)の門人。自撰句集に「初心もと柏」がある。「木枯(こがらし)の果(はて)はありけり海の音」の句によって、世に「木枯の言水」と呼ばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池西言水 いけにし-ごんすい

1650-1722 江戸時代前期-中期の俳人。
慶安3年生まれ。江戸で松尾芭蕉(ばしょう),椎本才麿(しいのもと-さいまろ)らと交遊。談林全盛期に名をあげ,のち蕉風に。天和(てんな)2年以降は京都で活躍。享保(きょうほう)7年9月24日死去。73歳。大和(奈良県)出身。名は則好。通称は八郎兵衛。別号に兼志,紫藤軒。編著に「江戸新道」「京日記」など。
【格言など】木枯の果てはありけり海の音(「都曲」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

池西言水

没年:享保7.9.24(1722.11.2)
生年:慶安3(1650)
江戸前期の俳人。奈良の人。俳諧は松江重頼門といわれているが,重頼の選集に名はみえない。20歳代の後半ごろ江戸へ出て談林派の俳人として活躍,江戸俳壇に確固たる地位を築く。当時の彼は時代の新風を追い求める先鋭的な俳人であった。天和2(1682)年の春,33歳で京都に移住したのち,北越,奥羽,九州などに行脚し,京都定住後は京都俳壇を代表する俳人のひとりとして活躍した。俳人評判記の『花見車』は彼を太夫の位にランクし,「目はしのきいた君也」と評しているが,この評の通り,時流には敏感で,元禄年間(1688~1704)に流行し始めた前句付,笠付などの雑俳にも手を染めている。「木枯しの果はありけり海の音」という句が評判になり,「木枯しの言水」と呼ばれるようになったエピソードは有名である。<参考文献>荻野清『元禄名家句集』,宇城由文「池西言水年譜」(『連歌俳諧研究』62号)

(田中善信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いけにしごんすい【池西言水】

1650~1722) 江戸前・中期の俳人。奈良の人。通称、八郎兵衛。初号は則好、別号は兼志ほか。江戸で芭蕉らと交わり、延宝期(1673~1681)の代表的な撰集を刊行して俳壇に重きをなした。編著「江戸新道」「江戸蛇之鮓えどじやのすし」「東日記」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池西言水
いけにしごんすい

[生]慶安3(1650).奈良
[没]享保7(1722).9.24. 京都
江戸時代中期の俳人。通称,八郎兵衛。初号,則武。別号,紫藤軒,洛下童,兼志。延宝4/5 (1676/7) 年から七,八年間江戸にあって,俳諧『江戸蛇之酢 (じゃのすし) 』 (79) ,『江戸弁慶』 (80) ,『東 (あずま) 日記』 (81) を編み,その後,北越,奥羽,西国,九州を遍歴,貞享1/2 (84/5) 年以後京都に定住,『京日記』 (87) ,『前後園』 (89) ,『都曲 (みやこぶり) 』 (90) などを編んだ。句は感覚的,官能的,唯美的で,芭蕉らとともに俳壇の革新に貢献。一方,雑俳点者としても活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いけにし‐ごんすい【池西言水】

江戸初期の俳人。本名則好。奈良の人。松江重頼の門人で、談林風から蕉風に近づいた。「木枯の果はありけり海の音」の句により「木枯の言水」と呼ばれた。主著に「江戸新道」「東日記」。慶安三~享保七年(一六五〇‐一七二二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の池西言水の言及

【東日記】より

…俳諧撰集。池西言水(ごんすい)編。1681年(延宝9)刊。…

【言水】より

…江戸前期の俳人。重頼門。姓は池西,名は則好。通称は八郎兵衛。別号は兼志,紫藤軒,風下堂(鳳下堂),洛下堂。奈良の人。祖父良以が和歌,父柳以が俳諧をよくした影響からか,12歳のころから俳諧に親しみ,16歳には早くも法体して俳事に専念したと伝えるが,句の初出は1672年(寛文12)刊《続大和順礼集》で,23歳であった。76年(延宝4)ごろから江戸にいて,芭蕉,才麿,幽山ら気鋭の若手俳人たちと新風を競い,78年から毎年,《江戸新道(しんみち)》《江戸蛇之酢(じやのすし)》《江戸弁慶》《東日記(あずまのにき)》と出しつづけ,過渡期の俳壇に主導的役割を果たし,蕉風俳諧育成の一翼をになった。…

※「池西言水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android