沈子(読み)チンシ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちん‐し【沈子】

〘名〙 漁具の下の方にとりつけ、漁具に沈降力を与え、水中で所期の形状や位置をとらせるためのおもり。
[補注]往時は石、コンクリートなどが用いられたが、現在は鉛、鉄、陶製で、綱に通して用いるので中空の円筒形のものが多い。漁業界では沈子を「いわ」と読むのが一般で、沈子綱は「いわづな」、沈子棚は「いわだな」という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の沈子の言及

【いわ(沈子)】より

…一般に,一つ一つは小さくして,これを数多くつけ,沈降力が平均にかかるようにする。いわをつける綱を沈子綱(いわな∥あしな)と呼ぶ。【清水 誠】。…

※「沈子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android