コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈子 チンシ

デジタル大辞泉の解説

ちん‐し【沈子】

漁網の下縁につけ、水中に沈める役をするもの。いわ。おもり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんし【沈子】

漁具に用いるおもり。いわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の沈子の言及

【いわ(沈子)】より

…一般に,一つ一つは小さくして,これを数多くつけ,沈降力が平均にかかるようにする。いわをつける綱を沈子綱(いわな∥あしな)と呼ぶ。【清水 誠】。…

※「沈子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沈子の関連キーワードレオン・ポール ファルグオッタートロール地引網(地曳網)パスカルの原理沈子(ちんし)ネットホーラー沈子(いわ)底引網漁業西本 省三棒受網漁業一本釣り刺網漁業罧∥柴漬流し網棒受網手操網大敷網建切網網漁具定置網

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android