コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 おもり

10件 の用語解説(錘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


おもり

しずめ。釣針につけた餌,仕掛けを水中に沈めるために釣糸につける鉛製の錘。関西では「しず」「しずみ」ともいう。釣場,対象魚によって使い分ける。板錘,かみつぶし錘は海,川の小物用。棒錘,舵つきなどが船の深場用。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


つむ

スピンドル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すい【×錘】

[名]はかりのおもり。分銅。
[接尾]助数詞。紡錘の数を数えるのに用いる。「一万の工場」

すい【錘】[漢字項目]

人名用漢字] [音]スイ(呉)(漢) [訓]つむ おもり
はかりなどのおもり。「錘鉛鉛錘
糸を紡ぐ道具。つむ。「紡錘
[難読]紡錘(つむ)
[補説]平成22年(2010)常用漢字表から削除、人名用漢字に追加された。

つむ【×錘/紡錘】

糸巻きなどの心棒。
糸をつむぐ機械の付属品。鉄製の太い針状の棒で、回転して糸を巻き取ると同時に縒(よ)りをかける働きをする。ぼうすい。すい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

錘【つむ】

スピンドル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おもり【錘】

( 名 ) スル
〔動詞「重る」の連用形から〕
物が軽すぎて不便なとき、重さを加えるためにつける物体。
釣り針を沈めるためにつける、鉛の塊など。
魚網につけて沈め、一定の場所に固定する鉛や鉄の塊など。いわ。沈子。
はかりで重さを量るとき、釣り合いをとるために用いるもの。分銅。

すい【錘】

[1] ( 名 )
はかりに用いる分銅。おもり。
( 接尾 )
助数詞。紡錘の数を数えるのに用いる。つむ。 「一万-」

つみ【錘】

つむ(錘) 」に同じ。 「 -デイトヲツムグ/日葡」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おもり
sinkerweight

軽量な物体に重量を加えるための資材。漁業では、漁具を沈降させるために用いられる。沈子(ちんし)、分銅(ふんどう)などがあり、「浮き」である浮子(あば)とは反対の作用をする。一般には振り子の下端につける錘、測量のために綱の先端につける錘、秤(はかり)の一方に掛けて計量物の重さとつり合わせる分銅などが錘の範疇(はんちゅう)に入る。
 釣り漁具においては、錘は「びし」「しずみ」などともよばれ、釣り糸の下方に小さい鉛製の沈子を連続して取り付ける。浮きと併用して釣り糸と釣り針を潮に流されずに沈降させ、希望する水深に安定させる役目をする。また、釣り糸をつねに緊張させることにより、魚信(魚が餌を捕食する微妙な動き)を鋭敏に察知させ、確実に釣果(ちょうか)をあげる働きをする。材料としては、沈降力(比重)が大きく、破損・腐食することが少なく、成形加工が簡単なものが望まれる。かつては自然石などが用いられていたが、現在では鉛(比重11.35)などが多用される。形状は、水中での抵抗を小さくするために球形、円筒形、円錐(えんすい)形のものが多いが、ほかに、重量を調節しやすいように鉛の薄板を切って使う「板錘(いたおもり)」などもある。
 網漁具では、沈子、分銅などが各種網漁具の網裾(あみすそ)部に取り付けられ、網地を下方に展開させる役割を果たしている。大型定置網の運動場(囲網(かこいあみ)部)や垣網の網裾部に、錘をつけて積巻(せきまき)にしたワイヤロープ(比重4.57)を用いて、網裾が潮によって吹き上がらないように配慮している漁場もある。積巻は、ワイヤロープにクレモナや綿糸を巻きつけることによって、直接ワイヤロープに負荷がかからないようにするための役割をもつ。網裾が潮流で吹き上がると、網がからまったり破れたりする危険がある。
 なお、原始的な漁労用の錘は石製で、古くはヨーロッパの中石器時代のものが知られている。また日本では縄文時代に普遍的で、後期にもっとも多く、弥生(やよい)時代にはつまみ付きの紡錘形磨製の石錘(いしおもり)(考古学などでは「せきすい」とも読む)があった。[添田秀男・吉原喜好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【スピンドル】より

…またスピンドルへの注油が問題になるが,オープンエンドのスピンドルには多孔質静圧気体軸受も使用されている。なお精紡機ではスピンドルは錘(つむ∥すい)とも呼ばれ,紡績工場の規模はスピンドルの数(錘数)によって表示される。錘は紡錘とも書き,新石器時代から使用された紡錘車(糸を紡ぐ道具)の回転軸もスピンドルである。…

【織物】より

…この遺跡は新石器時代のもので,紀元前4200年ころとされている。また同じころと推定される亜麻布はイランのスーサ地方のアクロポリスの遺跡からも出土しており,ジャルモ・ハラフ期の遺跡からは土製の紡錘車や骨針が出土し,すでに糸を紡ぐことが行われていたことがわかる。さらにインドのモヘンジョ・ダロ遺跡や南アメリカのペルー北部のワカ・プリエッタ遺跡で発見された綿布の断片は,ともに紀元前3000‐前2500年ころとされている。…

【スピンドル】より

…またスピンドルへの注油が問題になるが,オープンエンドのスピンドルには多孔質静圧気体軸受も使用されている。なお精紡機ではスピンドルは錘(つむ∥すい)とも呼ばれ,紡績工場の規模はスピンドルの数(錘数)によって表示される。錘は紡錘とも書き,新石器時代から使用された紡錘車(糸を紡ぐ道具)の回転軸もスピンドルである。…

【紡錘車】より

…できた糸をフックから外して軸に巻き取り,以上の操作を繰り返して連続した糸を作る。円板などは軸を安定に持続して回転させるためのはずみ車で,おもり(錘)の役目も果たす。弱い繊維束では,張力をかけないようにして撚りをかけた後(転がしたり土に軽くさしこむ),おもりで引き伸ばしながら撚りをかける。…

※「錘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

錘の関連キーワード一荷穴釣おぼち重り沈め鉤素釣り糸仕掛け

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

錘の関連情報