コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河竹新七(3代) かわたけ しんしち

1件 の用語解説(河竹新七(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河竹新七(3代) かわたけ-しんしち

1842-1901 幕末-明治時代の歌舞伎作者。
天保(てんぽう)13年生まれ。河竹黙阿弥(もくあみ)(2代河竹新七)の門にはいる。明治5年東京市村座の立作者となり,17年3代新七を襲名。小説,講談などの脚色がおおい。明治34年1月10日死去。60歳。江戸出身。本名は菊川金太郎。前名は竹柴金作(初代)。俳名は是水。作品に「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」「塩原多助一代記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河竹新七(3代)の関連キーワードアフガン戦争正岡子規柳亭種彦アヘン戦争科学史広東十三行紀行文学滝和亭ダグラス河竹新七

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone