コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定受託事務 ほうていじゅたくじむ

6件 の用語解説(法定受託事務の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法定受託事務
ほうていじゅたくじむ

現行の機関委任事務に代わるものとして,自治事務とともに自治体が処理すべきものとして提案された事務分類の1つ。地方分権推進法の成立に伴い,1996年3月に出された地方分権推進委員会中間報告のなかで示された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

法定受託事務

本来、国や都道府県が果たすべきものであるが、その適正な処理を特に確保するため法令によって、国の場合は都道府県、市町村、特別区に、都道府県の場合は市町村と特別区に処理を委任する事務。前者を第1号法定受託事務、後者を第2号法定受託事務という。委任先の地方公共団体の首長等執行機関を下部機関として扱い、上下の指揮監督関係に置くとして批判の強かった機関委任事務の廃止に伴って新設された事務区分。機関委任事務と異なり国の事務ではなく、地方公共団体の事務であり、国と地方公共団体、都道府県と市町村という、互いに独立した行政主体間の協力関係を前提として構成されている。機関委任事務の4割が、これに振り分けられた。条例制定権地方議会の関与は制約され、国や都道府県の関与も自治事務より強く、権力的関与も残されているが、関与に際して手続き的制約(書面主義、審査基準の明確化、標準処理期間の明示など)が加えられたほか、国や都道府県の関与については国地方係争処理委員会、または自治紛争処理委員会の審査・勧告を経て、司法の場で是非を争えるようになった。

(北山俊哉 関西学院大学教授 / 笠京子 明治大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうてい‐じゅたくじむ〔ハフテイ‐〕【法定受託事務】

地方公共団体が処理する事務のうち、国または都道府県から法令によって委託される事務。国が本来果たすべき役割にかかわる事務を都道府県・市町村・特別区が受託する第1号法定受託事務と、都道府県が本来果たすべき役割にかかわる事務を市町村・特別区が受託する第2号法定受託事務に分類される。国政選挙戸籍旅券交付などの事務は第1号法定受託事務、地方選挙にかかわる事務などは第2号法定受託事務にあたる。国は、許可・認可・承認・代執行是正要求などの強い関与を行うことが認められている。
[補説]平成12年(2000)の改正地方自治法により機関委任事務が廃止され、地方公共団体の事務は法定受託事務と自治事務に再編された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集の解説

法定受託事務

法律又はこれに基づく政令により地方公共団体が処理することとされる事務のうち、国や都道府県が本来果たすべき役割に係るものであって、国や都道府県においてその適正な処理を特に確保する必要があるもの。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほうていじゅたくじむ【法定受託事務】

国が本来果たす役割に係る事務で、地方自治法上、適正な処理を確保する必要があると認められた地方公共団体の事務。地方分権一括法に基づく機関委任事務の廃止により新たに設けられた事務の一で、自治事務に比べて国からの関与の程度が高い。 → 自治事務機関委任事務

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法定受託事務
ほうていじゅたくじむ

法律や法令に基づき国、地方公共団体、その他公共団体から都道府県、市町村、特別区に委託された事務(地方自治法2条の9)をさす。2000年(平成12)4月、地方自治法改正により新しく定められた。法定受託事務は国において適正な執行を確保する目的で、国が処理基準を定めること(245条の9)や、違法、不適正な場合の是正の指示(245条の5)、代執行(245条の8)など国による関与がなされることがある。ただし、国の関与に不服がある場合には、国地方係争処理委員会において審査を受け(250条の13-19)、なお関与の違法性が問題となるときには高等裁判所において争うことができる(251条の5)。[辻山幸宣]
『自治体問題研究所編『地方自治法改正の読みかた』(1999・自治体研究社) ▽松下圭一ほか編『岩波講座自治体の構想2 制度』(2002・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法定受託事務の関連キーワード都道府県議会議員都道府県組合都道府県条例都道府県税都道府県知事都道府県道都道府県知事免許農業経営基盤強化促進基本方針(基本方針)都道府県が所管している森林補助ダム

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法定受託事務の関連情報