コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣(き)落(と)す ナキオトス

デジタル大辞泉の解説

なき‐おと・す【泣(き)落(と)す】

[動サ五(四)]
泣いたり不幸な身の上を語ったりして、相手の同情を買い、自分の言い分を承知させる。「親を―・して資金を出させる」
泣きくずれる。歌舞伎のト書で用いる語。
「死骸に取りつき―・す」〈伎・吾嬬鑑〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

泣(き)落(と)すの関連キーワードト書

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android