コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山城 つやまじょう

5件 の用語解説(津山城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

つやまじょう【津山城】

岡山県津山市の津山盆地中央にあった平山城(ひらやまじろ)。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。城の前身は、嘉吉年間(1441~44年)に美作(みまさか)の守護職山名氏が鶴山(つやま)に築いた小規模な山城とされる。応仁の乱で山名氏は衰え、やがて廃城となった。1603年(慶長8)、森忠政(森蘭丸(もりらんまる)の弟)が18万6千石で入封し、鶴山を津山とあらため、この地に築城をはじめた。1616年(元和2)に13年の歳月をかけて、五重の天守を擁し、櫓(やぐら)や城門など80余棟が並ぶ壮麗な近世城郭が完成した。森氏は4代で断絶し、替わって松平宣富(まつだいらのぶとみ)が入封した。1873年(明治6)の廃城令によりほとんどの建物は取り壊された。現在は鶴山公園(かくざんこうえん)として整備され、2005年(平成17)に備中櫓(びっちゅうやぐら)、2006年(平成18)に天守台南側の太鼓塀がそれぞれ復元された。JR津山線津山駅から徒歩15分。◇鶴山城(かくざんじょう)とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

津山城

本能寺の変で織田信長とともに最期を遂げた森蘭丸の弟、森忠政(1570~1634)が、関ケ原の合戦後に美作国18万6500石を与えられ、水陸の交通の要地に築城した。1604(慶長9)年に着手し、16(元和2)年に完成。明治維新後の廃城令で、石垣を残して天守や櫓(やぐら)などの建物は取り壊された。城跡は鶴山公園となり、約1千本の桜の名所として知られている。1963年に国史跡。2005年に築城400年記念事業で「備中櫓」が復元された。

(2013-08-03 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

つやまじょう【津山城】

岡山の日本酒。酒名は、山名忠政が築城した津山城にちなみ命名。純米酒、普通酒などがある。仕込み水は美作(みまさか)の国一宮・中山神社の神域から流出する宮川の伏流水。蔵元の「難波酒造」は明治中期創業。所在地は津山市一宮。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

津山城

岡山県、難波酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津山城
つやまじょう

江戸期の城。岡山県津山市山下にあり、鶴山(かくざん)城ともいう。1603年(慶長8)信州川中島(かわなかじま)から美作(みまさか)に加増転封された森忠政(ただまさ)が翌年に築城にかかった平山城(やまじろ)である。忠政は江戸、駿府(すんぷ)、篠山(ささやま)、名古屋などの築城の手伝いも命ぜられていたため、津山築城には足かけ13年もかかり、1616年(元和2)に完成した。のち森氏は断絶し、かわって1698年(元禄11)に松平氏が入り、明治維新に至った。本丸、二の丸、三の丸の石垣がよく残る。城跡は国指定史跡。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の津山城の言及

【津山[市]】より

…幕末の津山洋学の伝統をひいて教育への関心は高く,津山工業高等専門学校,美作女子大学があり,近世以来の学問の伝統をうかがわせて文教都市的性格ももつ。弥生時代の集落遺跡の沼遺跡,津山城跡の鶴山公園(桜の名所),城主の御対面所として築かれた回遊式庭園の衆楽園,美作一宮の中山神社など史跡が多い。JR姫新線が通じ,津山線と因美線を分岐し,中国縦貫自動車道のほか国道53号,179号,181号線が通じる。…

【美作国】より

…同年その遺領のうち備前は池田忠継に,美作は森忠政に与えられ,翌年忠政は18万6500石の領主として入封した。 忠政は新規に津山城を築き,領内の商人,職人たちを集めて城下町を経営した。また藩財政の基礎を確立するため国内の総検地を実施し,郡奉行のもとに大庄屋,肝煎,庄屋などの制度を設け,地方支配機構を整備するとともに頭百姓の制度などを設け土豪たちの懐柔にも意を注いだ。…

※「津山城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津山城の関連キーワード岡山県津山市井口岡山県津山市川崎岡山県津山市皿岡山県津山市山下岡山県津山市種岡山県津山市津山口岡山県津山市楢岡山県津山市沼岡山県津山市原岡山県津山市山北

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津山城の関連情報