コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れ仏 ながれぼとけ

5件 の用語解説(流れ仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流れ仏
ながれぼとけ

水死体のこと。特に漁民や沿海地方の人たちが使う言葉。日本人の伝統的な生活感情では,死を穢れとして忌み嫌う気持が強かったが,漁業においては死の忌は問題とせず,むしろ水死体に会うことを大漁と結びつけて喜ぶ慣例がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ながれ‐ぼとけ【流れ仏】

海に漂う溺死体(できしたい)。漁民がこれに遭遇すると大漁の前兆として手厚く葬る風習がある。流れ人(びと)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ながれぼとけ【流れ仏】

船乗りや漁師の言葉で海の水死体のこと。ゴロウジ(長崎県),ウミボトケ(高知県)ともいう。漁師たちは難破して行方不明になることを死ぬことより不幸と考えた。流れ仏を見つけると必ずつれ帰るというのが船乗りや漁師のきまりであった。見捨てた人は不幸に見舞われるという。拾いあげるのに作法があって,だまって取舵(左玄)からあげ面舵(右玄)から下ろすという(広島県豊町)。高知県鵜来島では流れ仏と豊漁の問答をしてのちにあげるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながれぼとけ【流れ仏】

海に漂う溺死体。漁夫はこれを大漁の前兆として手厚く葬る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流れ仏
ながれぼとけ

海に流れている水死体のこと。海仏とも土左衛門(どざえもん)ともいう。海で働く人々は流れ仏をみつけると拾い上げて祭る習慣がある。とくに漁業者の間では、流れ仏に会うと漁を授かると信じられ、浦繁昌(うらはんじょう)といって喜ぶ風がある。漁の出がけにみつけたときは、「帰るまでそこで待っておれ」というと、奇妙に元の位置から動かないものだといったり、拾い上げるとき水死体に向かって「漁をさせてくれるか」と問いかけ、他の人が「させます、させます」と答えてから引き上げるものだといったりする。面舵(おもかじ)(右舷)から引き上げ、取舵(とりかじ)(左舷)から陸に降ろす。死体を乗せた船の舳先(へさき)には薦(こも)や白木綿(もめん)を巻く所もある。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流れ仏の関連キーワード沖言葉言葉質船乗り言換え黄金の言葉寿ぐ筍梅雨無げの言葉忌言葉∥忌詞水死体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone