相知(読み)おうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相知
おうち

佐賀県北部,唐津市南部の旧町域。松浦川およびその支流厳木川に沿う。筑紫山地が東部,南部に迫る。 1935年町制。 2005年唐津市,北波多村,厳木町,鎮西町,浜玉町,肥前町,呼子町と合体し唐津市となる。 1896年相知炭鉱開鉱により,唐津炭田炭鉱町として発展したが,炭層を掘りつくし,新たに開発された新相知炭鉱も炭鉱不況により 1959~64年に閉山。企業誘致や農業の複合経営などが進められている。中心集落相知に鵜殿窟石仏群があり,海食洞壁面に藤原時代後期の作といわれる持国天多聞天の立像など大小五十余体が浮彫されている。南部は八幡岳県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうち【相知】

互いに知っていること。また、その人。相識。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相知
おうち

佐賀県北西部、東松浦(ひがしまつうら)郡にあった旧町名(相知町(ちょう))。現在は、唐津市(からつし)の南部を占める地区(唐津市相知町)。旧相知町は1935年(昭和10)町制施行。2005年(平成17)唐津市、浜玉(はまたま)町、厳木(きゅうらぎ)町、肥前(ひぜん)町、鎮西(ちんぜい)町、呼子(よぶこ)町、北波多(きたはた)村と合併、唐津市となる。旧町域は、唐津湾に注ぐ松浦川と、当地域で合流する厳木川の両水系にまたがる。盆地状の両水系河谷に、JR唐津線と筑肥(ちくひ)線が通じ、五つもの駅がある。また、国道203号も走っている。中世松浦党(まつらとう)に属し、元寇(げんこう)で活躍した相知氏ゆかりの地。江戸末期以来、唐津炭田の中枢部を占め、三菱(みつびし)相知炭鉱盛期の1925年(大正14)には人口2万4865を数えた。第二次世界大戦後存在した十有余の炭鉱も、1964年(昭和39)には閉山し、翌1965年にはボタ山関係の集積機関の業務終了をもって姿を消した。産炭地振興による企業誘致や、米、ミカンを軸とした農業の複合経営などに力を注いできた。イチゴやスダチなども栽培されている。各種の史跡、文化財や景勝に富み、砂岩の自然石に刻まれた鵜殿窟石仏群(うどのいわやせきぶつぐん)は県指定史跡、医王(いおう)寺の肥前鐘は県指定重要文化財。見帰りの滝、伊岐佐(いきさ)ダム、佐里(さり)温泉などもある。中山浮立(ぶりゅう)など古い伝統行事も多い。[川崎 茂]
『『相知町史』上・下・付巻(1971~1978・相知町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐し・る あひ‥【相知】

〘自ラ五(四)〙 (「あい」は接頭語)
① 互いに親しく交わる。知り合う。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「とかくの事いと尊き老僧のあひしりて侍るに、言ひ語らひつけ侍りぬる」
※土(1910)〈長塚節〉二「勘次と相知ったのは十六の秋である」
② 愛情関係にある。言い交わす。
※万葉(8C後)四・四九四「吾妹子を相令(あひしらしめし)人をこそ恋のまされば恨めしみ思へ」
※伊勢物語(10C前)一九「御達なりける人をあひしりたりける、ほどもなくかれにけり」

そう‐ち サウ‥【相知】

〘名〙 互いに知り合っていること。また、その人。知己。相識
※明衡往来(11C中か)中末「右年来相知之人」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三八「天下の秀才子と相知(サウチ)を辱ふす」 〔王維‐酌酒与裴迪詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相知の関連情報