コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦幌町(読み)うらほろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦幌〔町〕
うらほろ

北海道南東部,太平洋岸にある町。 1954年町制。 55年大津村の一部を編入。町名アイヌ語のウライポロ (大きな網代の意) に由来。町域の大部分白糠丘陵で,林業が発達し,製材,チップ材など林産加工が盛ん。南西部の十勝川左岸の平地を中心に,野菜,豆類工芸作物の栽培や酪農が行われる。漁業は沿岸のサケ定置網漁業が中心。オタフンベチャシ跡は史跡に指定。 JR根室本線,国道 38号線,274号線,336号線が通る。面積 729.85km2。人口 4919(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浦幌町の関連情報