コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦添[市] うらそえ

2件 の用語解説(浦添[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

浦添[市]【うらそえ】

沖縄県沖縄島南部,那覇市の北に接する市。1970年市制。12―14世紀浦添城を中心に琉球王国の王都として栄えた。第2次大戦末期の沖縄の戦では大激戦地となり,戦後海岸地区は米軍用地になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うらそえ【浦添[市]】

沖縄県,那覇市の北側に接続する都市。1970年市制。人口9万6002(1995)。浦添は〈うらおそい〉(浦々を襲う),つまり諸国を支配する意味で,12世紀半ばから15世紀初めにかけて,首里に王府が移るまで王城の地として栄え,牧港川河口の牧港が琉球最大の貿易港であった。第2次世界大戦には,浦添城跡を中心に牧港と前田を結ぶ断層崖一帯は,沖縄戦最大の激戦地となり,その攻防は沖縄戦の天王山といわれた。現在,市域の15%はアメリカ軍基地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone