コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上労働 かいじょうろうどう

世界大百科事典 第2版の解説

かいじょうろうどう【海上労働】

海上における船員の労働。海上という常に危険を伴う場所で長期間に及ぶ船中の共同生活を営む海上労働の特質から,日本では船員について船員法船員保険法,船員職業安定法等の特別法が整備され,これらの立法は,運輸省によって海運・港湾・船舶行政と一体として運用されている。海上労働に対しては,船員は労働,生活,危険への対応にあたっておのおの不可欠の役割を担う,いわば運命共同体を構成するため,種々の公法的な取締規定が置かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

海上労働の関連キーワード全日本海員組合海に生くる人々船員労働委員会浜田 国太郎米窪 満亮服部 元三船舶乗組員船員保険法漁業労働西巻敏雄米窪満亮水主役

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android