コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白陶 はくとう Bai-tao

6件 の用語解説(白陶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白陶
はくとう
Bai-tao

中国,殷代に用いられた白色の土器。一般日常生活には灰陶呼ばれる灰褐色の粗製土器が用いられ,白陶は祭礼用など,特別の意味をもってつくられたと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はく‐とう〔‐タウ〕【白陶】

中国、殷(いん)代の白色土器。カオリン土を用い、同時代の青銅器に類似する雷文(らいもん)などの文様がある。祭祀(さいし)に用いられたとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

白陶【はくとう】

中国,殷(いん)代に作られた白色の陶器。良質の陶土を用い,1000℃以上の高熱で焼成されたため純白色を呈する。器形は,豆(とう)(高坏),壺,鼎(てい)などで饕餮(とうてつ)文,蝉(せみ)文,雷文などの文様があり,儀礼的な用途をもつと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はくとう【白陶 bái táo】

器壁が白く胎土のしまった陶器をいう中国考古学の用語。新石器時代大汶口文化竜山文化の陶器のなかに,良質の陶土(カオリン)を用い,1000℃以上で焼成した白陶が出現している。しかし,単に白陶というときには殷代のものを指す。殷代の白陶はカオリンを用い,1100℃くらいの火で焼きあげられ,純白の色調をたたえる。饕餮(とうてつ)文,夔鳳(きほう)文,雲雷文など精巧な文様を刻し,銅器と同じように,爵,尊,觶(し),罍(らい),卣(ゆう)など儀式用の形をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はくとう【白陶】

中国、殷いん代後期の白色の硬質土器。器形は青銅器に見られるものに同じで、儀礼に用いられたと考えられる。殷墟出土のものが有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白陶
はくとう

中国でつくられた白色の土器。この系統の土器は、早くは山東省など東方の地域を中心に、竜山(りゅうざん)文化期以前から現れているが、殷(いん)代後期に至って発達し、きわめて精美な作品がつくりだされた。安陽の殷墟(いんきょ)における大型・中型墓の副葬品として出土した例が知られる。陶磁器のそれに近い鉄分の少ない高嶺(カオリン)土(磁土)を用いて、1000℃を超える高温で堅く焼かれている。器形に豆(とう)(き)、罍(らい)、尊、(ゆう)などがあり、また表面を饕餮(とうてつ)文、(きりゅう)文、雷(らい)文などで刻飾することは、殷代の儀礼用の青銅器と通じており、実用を離れた宝器的な存在であった。[西江清高]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の白陶の言及

【殷周美術】より

…器形は横長方形で殷中期と異なる。特色ある土器に白陶がある。純良な陶土を用い高火度焼成したもので豆,罍(らい),壺,尊,卣,盤などの器形に青銅器と同じ饕餮文や雷文などを飾った儀器である。…

【陶磁器】より

…殷代後期の安陽期には灰釉陶器生産も盛んになり,熱効率のよい窯で焼かれている。安陽期には白陶といわれるカオリン土を用いた白い硬陶がつくられ,罍(らい)や壺などがあり,器面には饕餮文(とうてつもん)や夔鳳文(きほうもん)などが描かれ,器形,文様は青銅器とまったく同じである。西周時代には浙江,江蘇を中心に本格的な釉陶生産が行われ,安徽省屯渓の西周時代の遺跡からは,全体に等しく釉薬のかかった尊や豆,壺などが出土している。…

【土器】より

…焼成温度が600~800℃程度の土器は軟質で,たたいても低い音しか発しないが,1000℃を超える高温で焼き上げると硬質に仕上がり,たたくと高い音を発する。特殊例として,中国殷代には,純良のカオリナイトからなる白い土(陶土,カオリン)を用いて1100℃前後で焼成し,白く仕上げた硬質の土器(白陶)がある。600~800℃程度の焼成は,平地か凹地に燃料と土器を積み上げて焼く野焼きで十分である。…

※「白陶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白陶の関連キーワード須恵器デルフト陶器硬質陶器陶物師胎土松代焼頭の中が白くなる烏の頭が白くなるマッド・ボール高杯∥高坏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone