コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南淡 なんだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南淡
なんだん

兵庫県南部,南あわじ市南部の旧町域。淡路島の南端にある。 1955年賀集村,北阿万村,阿万村,灘村の4村が合体して町制。さらに同 1955年福良町,沼島村と合体。 2005年町,西淡町,三原町の3町と合体して南あわじ市となった。中心集落の福良は鳴門海峡に臨む天然の良港,四国街道 (国道 28号線) の終点。現在は鳴門海峡のうず潮を見物する観潮船の起点。南部の阿万はタマネギ,珉平焼の特産地。南東部の灘は早咲きのスイセンで知られ水仙郷がある。福良湾西岸の門崎から吹上浜にかけての景勝地は瀬戸内海国立公園に属し,国立淡路青年の家などがあり,別荘地化が進んでいる。灘の沖合いの沼島西南日本外帯に属する観光の島。門崎を通る本州四国連絡道路の大鳴門橋は 1985年完成。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南淡
なんだん

兵庫県淡路島南部、三原(みはら)郡にあった旧町名(南淡町(ちょう))。現在は、南あわじ市の南部を占める一地区。1955年(昭和30)阿万(あま)町と賀集(かしゅう)、北阿万、灘(なだ)の3村が合併して南淡町が成立、続いて福良(ふくら)町、沼島(ぬしま)村と合併。2005年(平成17)緑(みどり)町、西淡(せいだん)町、三原(みはら)町と合併、市制施行して南あわじ市となる。紀伊水道、鳴門(なると)海峡に臨む。国道28号が通じ、神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジが近く、同自動車道の大鳴門橋により四国(鳴門市)と結ばれている。福良港からは鳴門渦潮(うずしお)の観潮船が出航する。タマネギや野菜栽培、養豚が盛ん。ワカメ、ハマチ、ノリの養殖も行われ、諭鶴羽(ゆづるは)山地南麓(ろく)ではビワ、ミカン、スイセン、電照菊が栽培される。護国寺(ごこくじ)の平安後期木造大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)(国の重要文化財)、賀集八幡宮(かしゅうはちまんぐう)の社殿などの文化財があり、『古事記』の国生み伝説のある沼島や、灘黒岩水仙郷は瀬戸内海国立公園域。また阿万地区に伝承される雨乞(あまご)い祈願の「阿万風流大踊小踊(ふりゅうおおおどりこおどり)」は国の選択無形民俗文化財。[吉田茂樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

南淡の関連キーワード兵庫県南あわじ市南あわじ(市)三原(兵庫県)南あわじ[市]吉田 東太郎緑(旧町名)松島 栄一自然遊歩道山口 勘一淳仁天皇長尾 有田中万米淡路焼

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南淡の関連情報