コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南淡 なんだん

2件 の用語解説(南淡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南淡
なんだん

兵庫県南部,南あわじ市南部の旧町域。淡路島の南端にある。 1955年賀集村,北阿万村,阿万村,灘村の4村が合体して町制。さらに同 1955年福良町,沼島村と合体。 2005年町,西淡町,三原町の3町と合体して南あわじ市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南淡
なんだん

兵庫県淡路島南部、三原(みはら)郡にあった旧町名(南淡町(ちょう))。現在は、南あわじ市の南部を占める一地区。1955年(昭和30)阿万(あま)町と賀集(かしゅう)、北阿万、灘(なだ)の3村が合併して南淡町が成立、続いて福良(ふくら)町、沼島(ぬしま)村と合併。2005年(平成17)緑(みどり)町、西淡(せいだん)町、三原(みはら)町と合併、市制施行して南あわじ市となる。紀伊水道、鳴門(なると)海峡に臨む。国道28号が通じ、神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジが近く、同自動車道の大鳴門橋により四国(鳴門市)と結ばれている。福良港からは鳴門渦潮(うずしお)の観潮船が出航する。タマネギや野菜栽培、養豚が盛ん。ワカメ、ハマチ、ノリの養殖も行われ、諭鶴羽(ゆづるは)山地南麓(ろく)ではビワ、ミカン、スイセン、電照菊が栽培される。護国寺(ごこくじ)の平安後期木造大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)(国の重要文化財)、賀集八幡宮(かしゅうはちまんぐう)の社殿などの文化財があり、『古事記』の国生み伝説のある沼島や、灘黒岩水仙郷は瀬戸内海国立公園域。また阿万地区に伝承される雨乞(あまご)い祈願の「阿万風流大踊小踊(ふりゅうおおおどりこおどり)」は国の選択無形民俗文化財。[吉田茂樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南淡の関連キーワード兵庫県南あわじ市阿那賀兵庫県南あわじ市市市兵庫県南あわじ市市三條兵庫県南あわじ市賀集鍛治屋兵庫県南あわじ市神代社家兵庫県南あわじ市灘兵庫県南あわじ市沼島兵庫県南あわじ市福良丙兵庫県南あわじ市松帆西路兵庫県南あわじ市湊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南淡の関連情報