コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深井英五 ふかいえいご

5件 の用語解説(深井英五の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深井英五
ふかいえいご

[生]明治4(1871).12.31. 高崎
[没]1945.10.21. 東京
銀行家,政治家,経済学者。 1891年同志社英学校 (現同志社大学) 卒業。徳富蘇峰の門をくぐり,国民新聞社,民友社の記者を経て,1900年蔵相松方正義秘書官,翌年日本銀行に入行,18年理事,28年副総裁,35年総裁,37年辞任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふかい‐えいご〔ふかゐ‐〕【深井英五】

[1871~1945]銀行家。群馬の生まれ。国民新聞の記者を経て、当時の大蔵大臣松方正義の秘書に転身。のち日本銀行に入行し、営業局長・副総裁・総裁などを歴任した。著作に「通貨調節論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深井英五 ふかい-えいご

1871-1945 大正-昭和時代前期の銀行家。
明治4年11月20日生まれ。国民新聞外報部長,松方正義蔵相秘書官をつとめたあと,明治34年日本銀行にはいり,昭和10年総裁。その間,ロンドン国際経済会議などに出席した。のち貴族院議員,枢密顧問官。昭和20年10月21日死去。75歳。群馬県出身。同志社普通学校卒。著作に「通貨調節論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふかいえいご【深井英五】

1871‐1945(明治4‐昭和20)
第13代日本銀行総裁,枢密顧問官。群馬県に生まれ,同志社普通学校卒業後,国民新聞社,民友社に勤務。1900年徳富蘇峰の推薦で松方正義蔵相の秘書官となり,翌年日本銀行に入行。検査局調査役,秘書役,国債局長,営業局長等を経て,18年理事,28年副総裁,35年総裁となる。理事就任後総裁辞任に至るまで日銀金融政策遂行の中心人物であったが,とくに1930,31年の金解禁および再禁止の際は〈金本位制と管理通貨制というはっきり対立した二つの時期を円滑にリンクする〉金融政策の運営にあたり,32年以降は高橋是清財政の公債政策,すなわち日銀引受けによる国債発行・消化政策に協力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深井英五
ふかいえいご
(1871―1945)

大正・昭和期の金融財政家。明治4年11月20日群馬県高崎に生まれる。同志社卒業後、民友社勤務、松方正義(まつかたまさよし)秘書を経て1901年(明治34)日本銀行に調査役として入行、1935年(昭和10)総裁となり、私学出身として異例の地位に上った。その間、日露戦争中に外債募集のため高橋是清(これきよ)に随行、第一次世界大戦後の国際会議に出席し、金融恐慌(1927)や金解禁・再禁止問題に対処し、外国為替(かわせ)管理法の制定に尽力し、有能な金融官僚として難局の処理にあたった。二・二六事件(1936)後、日銀総裁を辞し、貴族院議員、ついで枢密顧問官となった。同志社時代のキリスト教を離れたが、意識と物質とが共通なる本源から発するとみる一元論にたち、自由と必然を確率の概念において統一しようとする独自の哲学的世界観をもち、通貨問題では国際的潮流を見通した経済理論をもつ優れた思想家でもあった。昭和20年10月21日病没。
 主著に『通貨調節論』『金本位制離脱後の通貨政策』『人物と思想』『回顧七十年』、遺著に『枢密院重要議事覚書』などがある。[長 幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深井英五の関連キーワード鳥尾得庵阪本顧問官枢密顧問官澄田智土方久徴福井俊彦三島弥太郎西野元日本銀行総裁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone