コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元斎兵衛(1世) きよもとさいべえ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清元斎兵衛(1世)
きよもとさいべえ[いっせい]

[生]?
[没]天保7(1836)頃
清元節三味線方。2世鳥羽屋里長の門弟。初名鳥羽屋万吉。文化 11 (1814) 年清元節創流の際,清水万吉を経て清沢万吉と改名し,清元節三味線方となる。文政3 (20) 年清元斎兵衛と名のり,天保5 (34) 年さらに斎寿と称した。1世・2世清元延寿太夫の立三味線。『須磨』『保名 (やすな) 』『 (かさね) 』『権八』『鳥羽絵』『お染』など,清元節初期の曲の大部分を作曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

清元斎兵衛(1世)の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)郡内騒動天保の飢饉タルカットニコライハウスフォスターニコライ森次左衛門渡辺政香

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android