渡辺順三(読み)わたなべ じゅんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺順三 わたなべ-じゅんぞう

1894-1972 大正-昭和時代の歌人。
明治27年9月10日生まれ。富山中学を中退して上京し,家具屋の徒弟となる。窪田空穂(くぼた-うつぼ)に師事し,「国民文学」「芸術と自由」の同人。昭和3年新興歌人連盟の結成にくわわる。プロレタリア短歌運動を推進し,戦後は新日本歌人協会を指導した。昭和47年2月26日死去。77歳。富山県出身。著作に「貧乏の歌」「定本近代短歌史」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わたなべじゅんぞう【渡辺順三】

1894‐1972(明治27‐昭和47)
歌人。富山市生れ。父の死により1907年富山中学を中退して上京,家具屋の小僧となり,かたわら作歌を始め,14年窪田空穂の《国民文学》同人となる。一方,石川啄木,大杉栄幸徳秋水などを読み,《種蒔く人》に接近し,しだいに左傾する。肺患おし,印刷屋,古本屋などで生計をたてながら,22年社会主義文芸誌《シムーン》,25年口語歌誌《芸術と自由》,28年新興歌人連盟,29年プロレタリア歌人同盟にそれぞれ参加,その中心となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺順三
わたなべじゅんぞう
(1894―1972)

歌人。富山県生まれ。富山中学中退後上京、家具屋の小僧となる。『国民文学』『芸術と自由』を経て、新興歌人連盟に参加。プロレタリア短歌運動の推進者として活躍。1941年(昭和16)治安維持法違反の容疑で検挙される。第二次世界大戦後は新日本歌人協会の中心的存在となり、石川啄木(たくぼく)の伝統を受け継ぐ民主的短歌運動に努力。作風は現実を平明にとらえ、順直に庶民的実感を歌う。歌集『貧乏の歌』(1924)、『烈風の街』(1939)などのほか『定本近代短歌史』など評論も多い。[水野昌雄]
 手のひらに堅きタコありあはれわが十六年の錐(きり)もむ仕事
『『定本近代短歌史』上下(1963、64・春秋社) ▽渡辺順三自伝『烈風の中を』(1971・東邦出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android