コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺順三 わたなべ じゅんぞう

3件 の用語解説(渡辺順三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺順三 わたなべ-じゅんぞう

1894-1972 大正-昭和時代の歌人。
明治27年9月10日生まれ。富山中学を中退して上京し,家具屋の徒弟となる。窪田空穂(くぼた-うつぼ)に師事し,「国民文学」「芸術と自由」の同人。昭和3年新興歌人連盟の結成にくわわる。プロレタリア短歌運動を推進し,戦後は新日本歌人協会を指導した。昭和47年2月26日死去。77歳。富山県出身。著作に「貧乏の歌」「定本近代短歌史」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

わたなべじゅんぞう【渡辺順三】

1894‐1972(明治27‐昭和47)
歌人。富山市生れ。父の死により1907年富山中学を中退して上京,家具屋の小僧となり,かたわら作歌を始め,14年窪田空穂の《国民文学》同人となる。一方,石川啄木,大杉栄,幸徳秋水などを読み,《種蒔く人》に接近し,しだいに左傾する。肺患をおし,印刷屋,古本屋などで生計をたてながら,22年社会主義文芸誌《シムーン》,25年口語歌誌《芸術と自由》,28年新興歌人連盟,29年プロレタリア歌人同盟にそれぞれ参加,その中心となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺順三
わたなべじゅんぞう
(1894―1972)

歌人。富山県生まれ。富山中学中退後上京、家具屋の小僧となる。『国民文学』『芸術と自由』を経て、新興歌人連盟に参加。プロレタリア短歌運動の推進者として活躍。1941年(昭和16)治安維持法違反の容疑で検挙される。第二次世界大戦後は新日本歌人協会の中心的存在となり、石川啄木(たくぼく)の伝統を受け継ぐ民主的短歌運動に努力。作風は現実を平明にとらえ、順直に庶民的実感を歌う。歌集『貧乏の歌』(1924)、『烈風の街』(1939)などのほか『定本近代短歌史』など評論も多い。[水野昌雄]
 手のひらに堅きタコありあはれわが十六年の錐(きり)もむ仕事
『『定本近代短歌史』上下(1963、64・春秋社) ▽渡辺順三自伝『烈風の中を』(1971・東邦出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡辺順三の関連キーワード大矢市次郎浅尾新甫阿部謙夫池内信行井田一郎岡部楠男杉山繁人見城民三雲英之助矢崎芳夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺順三の関連情報