コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温排水 オンハイスイ

4件 の用語解説(温排水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おん‐はいすい〔ヲン‐〕【温排水】

あたためられて排出される水。特に、原子力発電所で冷却に使われた海水が取水時より高温になって海に排水されるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おんはいすい【温排水 thermal discharge】

温排水とは火力・原子力発電所,鉄鋼業,化学工業,石油工業などで,冷却水として使用され昇温された水が,海,河川,湖沼に排出されたものをいう。各工業からの温排水量は,産業構造によって変わるが,主要な排出源は火力および原子力発電所である。日本では,火力・原子力発電所は冷却水の取水と温排水の排出が容易な海岸線に建設されており,温排水による漁業被害が大きな問題となっている。とくに原子力発電所は火力発電所に比べて概して出力が大きく,同じ出力でも温排水の量がおよそ1.5倍くらいになり,さらに1ヵ所に5~6基も建設されることがあり,また低濃度の放射性物質が温排水とともに放出されるため,沿岸海域への影響が注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おんはいすい【温排水】

原子力発電所や製鉄・化学工場で冷却水として用いられ、温かいまま海などに排出される水。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温排水
おんはいすい

温められて海などに大量に排出される冷却水のこと。温排水は製鉄、化学などの産業施設から排出されるが、電力産業が最大で、アメリカでは全産業の4分の3を占めている。蒸気タービンを用いる発電方式では、タービン機械的エネルギーに変換された残りの蒸気のエネルギーは、復水器とよばれる熱交換器によって外部からの冷却水に移され、蒸気は水に戻る。この外部冷却水としては、近くに大量に存在する河川水、湖水、海水などが用いられる。復水器を通った冷却水は、通常7~8℃昇温して環境に放出されるために、環境への熱影響や、自然水系中にすむ生物への有害な影響の原因となり、いわゆる温排水問題が生ずる。しかし、生態系に及ぼす影響は後述するように取水量の大きさに比例することが明らかとなりつつあるので、正確には取水・温排水問題とよぶべきであろう。
 軽水炉による原子力発電は熱効率が低く、発生する熱エネルギーの3分の2は温排水として環境に放熱される。電気出力100万キロワットの軽水炉による原子力発電では、1秒間当り60~70トンの冷却水が必要で、これは石炭・石油火力の場合の1.5倍に相当する。2011年(平成23)3月の東日本大震災の際に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故では、冷却用の海水をくみ上げるポンプが津波をかぶって機能を失い、発生する熱を最終的に温排水として海に放出することができなくなり(最終ヒートシンク問題)、これが炉心溶融の一因となった。このように温排水は、原子炉の温度を制御して安全を確保するうえでも重要な位置づけにある。
 日本には大きな河川がなく、また海岸線が長いといった地理的条件から、復水器冷却水のほぼ全量を海水に依存している。一方、ほぼ沿岸全域に漁業権が設定されており、とくに浅海漁業の盛んな地域では、温排水放出に伴う海洋生物の生態系変化や、取水による悪影響などに対して不安が生ずるのは当然で、このことが原子力発電所立地に際して漁業者との間に社会的紛争を生ずる原因となってきた。
 温排水の拡散範囲を予測するための実験式の案出や、ヘリコプター搭載の赤外線イメージカメラによる観測、調査船による直接測温など、温排水の影響範囲の調査が行われているが、環境水温との差が2℃以下の温度変化の検出はむずかしいとされている。
 復水器を高速で通過する外部冷却水中の魚卵、幼生、プランクトンなどは、機械的、熱的ショックおよび注入塩素などの化学作用によりほとんど全滅する。そのため生態系への影響を小さくするには、取水量を制限して、循環使用することが望ましい。深層取水および放水、バイパス希釈その他の工学的取放水対策以外の冷却用池、水路、冷却塔などによる大気への排熱方式があるが、日本ではまったく行われていない。[中島篤之助・舘野 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の温排水の言及

【原子力発電論争】より

…欧米では内陸に建設される発電所が多く,河川や湖水に熱を放出するとたとえ大河川でもその影響が無視できないため,冷却塔から大気中に放出される。一方,海が近くにある地域では,この熱を温排水として海に放出している。この温排水の環境への影響と平常時の微量の放射性物質の環境影響は,原子力発電所立地にあたって必ず問題となり,論争のテーマとなった。…

※「温排水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

温排水の関連キーワード日本原子力発電女川原子力発電所柏崎刈羽原子力発電所原子力施設志賀原子力発電所川内原子力発電所敦賀発電所東海第二発電所浜岡原子力発電所福島第二原子力発電所

温排水の関連情報