湖南(市)(読み)こなん

日本大百科全書(ニッポニカ)「湖南(市)」の解説

湖南(市)
こなん

滋賀県の南部にある市。2004年(平成16)甲賀(こうか)郡石部町(いしべちょう)と甲西町(こうせいちょう)が合併、市制施行して成立。なお、同時期に成立した甲賀市と湖南市の誕生により、甲賀郡は消滅した。中央部を北西流する野洲川(やすがわ)に沿って沖積平野が形成され、北部は岩根(いわね)山などの丘陵地、南部も阿星(あぼし)山(693メートル)や大納言(だいなごん)(596メートル)などに続く丘陵地。野洲川南岸をJR草津線と国道1号が走り、北東端を477号が通る。また名神高速道路の竜王(りゅうおう)、栗東(りっとう)の両インターチェンジが近い。

 野洲川両岸には後期古墳が多数分布し、南東部の三雲(みくも)には100基を超える群集墳の園養山古墳群(おんようざんこふんぐん)がある。古代には三雲に川津が設けられ、南都東大寺などの造営用材が筏に組まれて流された。北部の丘陵地には善水寺(ぜんすいじ)など古代の草創伝承を持つ寺院が多く、南都系寺院との関係が伺われる。阿星山は山岳信仰の対象であったとされ、山麓の常楽寺(本堂と三重塔は国宝)や長寿寺(本堂と厨子は国宝)は善水寺(本堂は国宝)とともに文化財の宝庫である。中世は檜物(ひもの)荘、三雲郷、岩根郷などが成立、後期には国人層が成長し、三雲城石部城などに拠った。近世になって野洲川南岸を通る東海道が整備されると、石部は宿に指定されて発展した。江戸時代は幕府領、近江膳所(ぜぜ)藩領、山城淀藩領などとして推移。北西部の丘陵地では石灰を産出し近代まで生産が続いた。

 農業は米を中心に下田ナス、弥兵衛トウガラシなどの野菜栽培も行われている。北東部の湖南工業団地を中心に企業が進出し、住宅地の開発により人口も増加している。石部宿場の里(東海道石部宿歴史民俗資料館)では往時の町並みを再現している。平松ウツクシマツ自生地は国指定天然記念物。面積は70.40平方キロメートル、人口5万4289(2015)。

[編集部]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android