湖南[省](読み)こなん

百科事典マイペディアの解説

湖南[省]【こなん】

中国中部,洞庭湖の南の省。簡称は湘(しょう)。省都は長沙。東,南は高い,西は低い山地に囲まれた大盆地(この北部は両湖平原の南半)を形成する。河川は湘江,資水,【げん】江,【れい】水(れいすい)の4大河があり,すべて洞庭湖に流入し,さらに長江に注ぐ。稲が全省の食糧作物の90%を占め,ほかに小麦,トウモロコシ,綿花,カラムシ(全国一)などを豊富に産し,鉱産はアンチモン(全世界埋蔵量の50%),石炭,スズ,鉛,ヒ素鉱(全国一)など種類が多い。長沙,常徳衡陽などを中心に紡織・機械・製錬・化学工業などが発展しつつある。交通は洞庭湖,湘江の水運と京広(北京〜広州)・浙【かん】(せっかん)(杭州〜株洲)・湘桂(衡陽〜友誼関)の3鉄路および多くの自動車道路が通じる。少数民族のミヤオ族チワン族トン族は南西山地に,ヤオ族は南部山地に居住する。毛沢東の生地韶山は省のほぼ中央にある。21万1700km2。7132万人(2014)。
→関連項目武陵源

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こなん【湖南[省] Hú nán shěng】

中国中部,長江(揚子江)の中流域,洞庭湖の南方に位置する省。面積21万0500km2,人口6428万(1996)。省都は長沙市。北は湖北省,西は四川省・貴州省,南は広東省・広西チワン族自治区,東は江西省と境を接する。省域が洞庭湖の南にひろがっているのでこの名がある。また湘江が省内を南から北へ貫流するので,略称は湘である。1996年現在,29市(長沙,株洲,湘潭,衡陽,邵陽,岳陽,郴州,冷水江,婁底,洪江,懐化,常徳,津市,益陽など),13地区,1自治州(湘西トゥチャ族ミヤオ族自治州),65県,7自治県(江華ヤオ族,城歩ミヤオ族,通道トン族,新晃トン族など)から構成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android