コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湧別[町] ゆうべつ

2件 の用語解説(湧別[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

湧別[町]【ゆうべつ】

北海道紋別郡の町。オホーツク海サロマ湖に臨み,ホタテ,カキ,エビの漁獲があり,酪農が盛ん。テンサイ,小麦,アスパラガスも産する。2009年10月紋別郡上湧別町と合併。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうべつ【湧別[町]】

北海道北東部,オホーツク海に面する網走支庁紋別郡の町。人口5531(1995)。地名はアイヌ語の〈ユペオツ(サケが多い)〉に由来する。町域は北見山地北東麓に位置し,北西部には湧別川河口の平地が広がり,東はサロマ湖西部を含む。中心市街は湧別川河口に発達し,南方を国道238号線が通る。1897年南隣の上湧別へ屯田兵が入植し,そのころ農業団体も入植して開拓が進んだ。また湧別川河口の船着場は名寄線開通(現在は廃線)までは紋別郡東部の交通の要地で,明治末期から大正期にかけて北見地方のハッカの出荷地としてにぎわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湧別[町]の関連キーワード網走川オホーツクオホーツク海気団オホーツク海高気圧オホーツク文化渚滑川能取岬網走紋別小清水

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone