栃尾又温泉(読み)とちおまたおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栃尾又温泉
とちおまたおんせん

新潟県南東部,魚沼市にある温泉。栃尾又川の河畔標高 450mに位置する。泉質放射能泉泉温 39℃。日本でも有数のラジウム含有量の多い温泉で,動脈硬化症,婦人病疾患にきくといわれる。湯がぬるいので「夜詰め」といって,終夜入浴する習慣がある。越後三山只見国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栃尾又温泉
とちおまたおんせん

新潟県魚沼(うおぬま)市にある温泉。湯之谷(ゆのたに)温泉郷の一湯。佐梨(さなし)川上流2キロメートルに位置する古くからの湯治場で、泉質は放射能泉。「子宝の湯」で知られ、泉温は36~38℃と低いが、長時間温まると子宝に恵まれるといわれ、長逗留(とうりゅう)の湯治客が多い。栃尾又・駒の湯温泉として国民保養温泉地に指定されている。近くに大湯(おおゆ)温泉がある。JR上越(じょうえつ)線小出(こいで)駅からバスで35分。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android