湯浅(町)(読み)ゆあさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯浅(町)
ゆあさ

和歌山県中北部、有(ありだ)郡にある町。1896年(明治29)町制施行。1956年(昭和31)田栖川(たすかわ)村を編入。JR紀勢(きせい)本線(きのくに線)、国道42号が通じ、湯浅御坊道路の湯浅インターチェンジがある。町域は、紀伊水道に面するリアス式の湯浅湾岸とこれに注ぐ山田川流域にわたり、湯浅荘(しょう)の領域を継承する。熊野街道の宿場、港町として有田郡の中心であった。中世は豪族湯浅氏の本拠となり、その城跡や氏神顕国(けんこく)神社がある。また明恵上人(みょうえしょうにん)にかかわる栖原(すはら)の施無畏(せむい)寺や修行地の率塔婆(そとば)(国の史跡)がある。別所の勝楽寺は薬師如来坐像(にょらいざぞう)(平安時代)などの国指定重要文化財を蔵し、また過去帳に紀国屋文左衛門(きのくにやぶんざえもん)の戒名が残る。天文(てんぶん)年間(1532~1555)に始まるとされる特産湯浅醤油(しょうゆ)は古くからよく知られ、廻船(かいせん)運送によって繁栄を続けた。現在もしょうゆのほか径山寺(きんざんじ)(金山寺)みその製造が行われ、醸造蔵など伝統的町並みは、湯浅町湯浅重要伝統的建造物群保存地区に選定された。また沿岸漁業、ミカンなどの果樹栽培がある。海岸地域は西有田県立自然公園で、海水浴場があり、船釣り、磯釣りの客も多く訪れる。面積20.79平方キロメートル、人口1万2200(2015)。[小池洋一]
『『湯浅町誌』(1967・湯浅町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯浅(町)の関連情報