コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施無畏寺 セムイジ

デジタル大辞泉の解説

せむい‐じ〔セムヰ‐〕【施無畏寺】

和歌山県有田郡湯浅町にある真言宗御室派の寺。山号は、補陀落山。建久年間(1190~1199)、明恵が創建。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せむいじ【施無畏寺】

和歌山県有田郡湯浅町栖原(すはら)にある真言宗御室派の寺院。補陀洛山と号す。明恵上人を開山とする。寺は白上峰(しらがみみね)の中腹にあるが,この白上峰は1195年(建久6)のころ明恵が草庵を結んで修練を積んだ由緒のある地で,上人と同族で上人に深く帰依した湯浅景基が1231年(寛喜3)に一宇を建立して観世音菩薩像を安置し,当時栂尾の高山寺にあった上人を招いて落慶供養を営んだ。当時の境内,北は白上峰の北麓,東は井谷東峰,南は南栖原の大道を限り,西は田・栖原の海岸を含んでの周32町の内を殺生禁断の聖地と定めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

施無畏寺
せむいじ

和歌山県有田(ありだ)郡湯浅(ゆあさ)町栖原(すはら)にある真言(しんごん)宗御室(おむろ)派の寺。山号は補陀落山(ふだらくさん)。本尊は千手観音(せんじゅかんのん)。1231年(寛喜3)の創建。開基は華厳(けごん)・真言の学と行を深く究めた高弁(こうべん)(明恵(みょうえ))。土地の豪族湯浅氏は高弁が修行した土地などを寄進して栄えたが、のち兵火で焼失し荒廃。江戸時代に紀州徳川家の外護(げご)を受けて旧に復したという。京都高山(こうざん)寺に次ぐ高弁の霊場。本堂、開山堂はいずれも1600年代の再建。寺宝の藤原景基作置文一巻、高信作施入状一巻は国の重要文化財。[祖父江章子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の施無畏寺の言及

【湯浅[町]】より

…湯浅氏の湯浅城跡が青木に,湯浅宗重が一族の守護神としてまつったという顕国(けんこく)神社が湯浅にある。なお高山寺の明恵(みようえ)は湯浅一族の出身で,栖原(すはら)には明恵ゆかりの施無畏(せむい)寺があり,古文書を蔵する。白上峰や湯浅湾中の苅藻(かるも)島は明恵修行の地として知られる。…

※「施無畏寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

施無畏寺の関連キーワード和歌山県有田郡湯浅町栖原和歌山県有田郡湯浅町湯浅(町)湯浅宗弘兼明親王湯浅氏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android