コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満月寺 まんげつじ

百科事典マイペディアの解説

満月寺【まんげつじ】

滋賀県大津市本堅田町にある臨済宗大徳寺派の寺。本尊阿弥陀如来。近江(おうみ)八景の一つ。堅田の浮御(見)堂,千仏閣とも。宝形造仏堂が琵琶湖上にある。10世紀末,源信草創

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

満月寺
まんげつじ

滋賀県大津市本堅田(ほんかたた)町にある臨済(りんざい)宗寺院。山号は海門山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。琵琶(びわ)湖の西岸にあり、境内から湖水に向かって設けられた橋の先端に建つ宝形(ほうぎょう)造の小堂は「堅田の浮御(見)堂(うきみどう)」としてとくに有名。もとは天台宗で、長徳(ちょうとく)年間(995~999)に比叡山横川(ひえいざんよかわ)の恵心僧都(えしんそうず)源信が、湖上の安全を祈願して自刻の千体阿弥陀(あみだ)仏を安置したのに始まる。中世には臨済宗大徳寺派に属したが、戦火にあうなどして荒廃。江戸時代になると大徳寺の協力を得て復興した。現在の浮御堂は、1937年(昭和12)の再建。この付近は「堅田の落雁(らくがん)」として近江(おうみ)八景の一つにも数えられる景勝地で、松尾芭蕉(ばしょう)をはじめとして一茶、歌川広重(ひろしげ)など多くの文人墨客も訪れて、文学・絵画の題材とされた。本尊の木造聖観音菩薩坐像(ざぞう)は平安時代の作で国重要文化財。[水谷 類]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の満月寺の言及

【浮御堂】より

…滋賀県大津市にある臨済宗大徳寺派の寺。海門山満月寺と号する。琵琶湖上に宝形造りの仏堂が建てられ,俗に〈堅田の浮御堂〉と称される。…

※「満月寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

満月寺の関連キーワード滋賀県大津市堅田近江八景(美術)堅田の浮御堂臼杵磨崖仏堅田陣屋浮御堂水谷八景近江

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

満月寺の関連情報