コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滌除 テキジョ

デジタル大辞泉の解説

てき‐じょ〔‐ヂヨ〕【×滌除】

洗いのぞくこと。
抵当権のついた不動産所有権地上権永小作権を取得した第三者が、抵当権者に一定の金額を支払いまたは供託して抵当権を消滅させること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

滌除【てきじょ】

抵当不動産の所有権または地上権永小作権を取得した第三者が,抵当権者に一定の金額を支払いまたは供託して,その抵当権を消滅させる制度。民法378条以下に定められていたが,2003年の民法改正により廃止され,新たに抵当権消滅請求の制度が設けられた。
→関連項目抵当権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てきじょ【滌除】

抵当不動産の所有権,地上権または永小作権を取得した第三者が,みずから適宜に定めた不動産の評価額を抵当権者に提供して,一方的にその抵当権を消滅させる制度(民法378~386条)。たとえば,Aが100万円の債権を担保するためにB所有の不動産に対する抵当権を取得し,その後その不動産の所有権がBからCに譲渡されたような場合,Cはその不動産の自己評価額(たとえば60万円)をAに提供することによってAの抵当権を消滅させることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てきじょ【滌除】

洗いのぞくこと。
〘法〙 抵当不動産についての権利を取得した第三者が、抵当権者に一定の金額を支払いまたは供託し、その抵当権を消滅させること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滌除
てきじょ

抵当権消滅請求」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滌除
てきじょ

旧民法において採用されていた抵当権に関する制度。当制度は、抵当権のついた不動産について、所有権・地上権・永小作権を取得した第三者が、自ら妥当と評価した金額を抵当権者に支払いあるいは供託して、その抵当権を消滅させるというものであった。しかし、抵当権者に不利益な制度であったため、2003年(平成15)の民法改正により廃止され、かわって抵当権消滅請求制度が採用された。[高橋康之・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

滌除の関連キーワード剔・摘・擲・敵・滌・滴・狄・的・笛・荻・適代価弁済増価競売天津罪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android