コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂海民 ヒョウカイミン

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうかいみん【漂海民】

船を住居とし,海上移動を続けながら漁業を行ってきた集団の総称。香港の蛋民(たんみん)やミャンマーの南部メルギー諸島からタイ南部のアンダマン海,さらにマラッカ海峡,インドネシア沿岸諸地域に分布し,一般にオラン・ラウトorang laut(水の民)と呼ばれる人々などが漂海民として知られている。後者のなかでは北ボルネオからフィリピンのスルー諸島,ミンダナオ島南部沿岸に分布するバジャウ族Bajauが著名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうかいみん【漂海民】

船を住居とし海上を移動しながら漁労を行う人々。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の漂海民の言及

【東南アジア】より

…採集狩猟民としてはアンダマン諸島民,マレー半島のセマン族,ルソン島のアエタ族などネグリトと総称される諸民族のほか,北タイからラオスにかけてのピー・トン・ルアン族,ボルネオのプナン族,アルー諸島の奥地住民がある。またメルギー(ベイ)諸島,マレー半島南端からインドネシア,フィリピン南部に広く分布する漂海民(モーケン,オラン・ラウト,バジャウなど)がいる。ボルネオやモルッカ諸島には,野生のサゴヤシの採集が重要な生業活動で,主としてそれによって生活する集団もあるが,その文化は,ニューギニアの場合と同様に,周囲の農耕民の文化と大差なく,農耕民文化からの派生物の疑いが濃い。…

※「漂海民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漂海民の関連情報