未練(読み)ミレン

デジタル大辞泉の解説

み‐れん【未練】

[名・形動]
執心が残って思い切れないこと。あきらめきれないこと。また、そのさま。「未練が残る」「過去に未練はない」「未練な気持ちを引きずる」
熟練していないこと。また、そのさま。未熟。
「船軍は―なるべし」〈盛衰記・四三〉
[派生]みれんげ[形動]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みれん【未練】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
が原義〕
あきらめ切れないこと。思い切りの悪いこと。また、そのさま。 「 -がある」 「 -を残す」 「 -な男と笑われる」
まだ熟練していない・こと(さま)。未熟。 「 -の狐、ばけ損じけるにこそ/徒然 230
[句項目] 未練未酌が無い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

未練の関連情報