コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未練 ミレン

デジタル大辞泉の解説

み‐れん【未練】

[名・形動]
執心が残って思い切れないこと。あきらめきれないこと。また、そのさま。「未練が残る」「過去に未練はない」「未練な気持ちを引きずる」
熟練していないこと。また、そのさま。未熟。
「船軍は―なるべし」〈盛衰記・四三〉
[派生]みれんげ[形動]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みれん【未練】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
が原義〕
あきらめ切れないこと。思い切りの悪いこと。また、そのさま。 「 -がある」 「 -を残す」 「 -な男と笑われる」
まだ熟練していない・こと(さま)。未熟。 「 -の狐、ばけ損じけるにこそ/徒然 230
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

未練の関連キーワード断ち切る・断切る・裁ち切る・截ち切る痴・烏滸・尾籠・癡・尾篭振り捨てる・振捨てる幸福の黄色いハンカチ弊履を棄つるが如し未練未酌が無い短気は未練の元遠くにありて未練がましい六波羅探題死に切れる沙汰未練書思い残す心留まる心を置く未練未酌売惜しむがましいたらしい断切る

未練の関連情報