照国神社(読み)てるくにじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

照国神社
てるくにじんじゃ

鹿児島市照国町にある元別格官幣社祭神は照国大明神 (島津斉彬 ) 。文久2 (1862) 年,天台宗南泉院内に斉彬を祀る祠がつくられたが,翌3年神号の下賜により社殿を造立して元治1 (64) 年に完成し,照国神社と称するようになった。社殿は 1877年の西南戦争太平洋戦争によって焼失し,そのたびに再建された。社宝に 13世紀の「国宗」の銘のある太刀1口があり,国宝。身幅が広く,腰反りの高い鎌倉時代中期の名刀である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

照国神社【てるくにじんじゃ】

鹿児島市照国町に鎮座。旧別格官幣社。島津斉彬(なりあきら)をまつる。1864年の創建。1882年列格。例祭は10月28日。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

照国神社
てるくにじんじゃ

鹿児島市照国町に鎮座。祭神は旧薩摩(さつま)藩主島津斉彬(なりあきら)公を照国大明神として祀(まつ)っている。斉彬は1809年(文化6)江戸にて出生。生前とくに殖産興業に力を入れ、洋式兵器の充実、製錬所や反射炉を設置するとともに、電信・ガス灯の実験など各種の事業を一括して集成館を設立した。58年(安政5)50歳で生涯を閉じたが、63年(文久3)従三位権中納言(じゅさんみごんのちゅうなごん)を賜るとともに、照国大明神の神号が授けられ、城西南泉院の地に一社を創建、64年(元治1)鎮座祭が執行され、照国神社となった。73年(明治6)県社に列せられ、82年別格官幣社となった。太平洋戦争で戦災にあった社殿は、1958年(昭和33)に造営なり、今日に至っている。例祭は10月28日。7月15、16日は頌徳(しょうとく)祭が行われる。[落合偉洲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

照国神社の関連情報