コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊取[町] くまとり

2件 の用語解説(熊取[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

熊取[町]【くまとり】

大阪府南部,泉南郡の町。泉州紡織工業地帯に属し,タオル製造で知られ,綿布,メリヤス,靴下の生産,紡績も盛ん。溜池灌漑(ためいけかんがい)による米作,特産のタマネギ栽培も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くまとり【熊取[町]】

大阪府南西部,泉南郡の町。人口4万0850(1995)。貝塚市と泉佐野市に囲まれる。南東部は和泉山脈の山麓地帯で,北西部は低平な丘陵が起伏する。西端をJR阪和線が走る。町名は平安時代の熊取荘の名に由来する。泉州紡織工業地帯の一角をなし,綿布やタオルなどの織物業がその中心となっている。農業は米作,タマネギ栽培中心から施設園芸栽培へと変わりつつある。また1960年代はじめより住宅地化が進展している。64年に京都大学原子炉実験所が設置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熊取[町]の関連キーワード豊中泉大津泉佐野大阪狭山岸和田京田辺泉南太子高石阪南

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone