コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来迎寺 ライゴウジ

大辞林 第三版の解説

らいごうじ【来迎寺】

大津市下坂本にある天台宗の寺。山号、紫雲山。790年最澄が開創した地蔵教院に始まる。1001年源信が当寺で水想観により聖衆来迎しようじゆらいごうを感得し現寺名に改称。以後、専修念仏道場として栄えた。聖衆来迎寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

来迎寺
らいごうじ

聖衆来迎寺」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

来迎寺
らいこうじ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の来迎寺の言及

【聖衆来迎寺】より

…滋賀県大津市下坂本にある天台宗の寺。紫雲山と号し,来迎寺ともいう。寺伝によれば,790年(延暦9)最澄が地蔵を安置して地蔵教院と号し,1001年(長保3)源信が当院で弥陀聖衆の来迎を感見し,みずから来迎のようすをかき,阿弥陀仏を彫って安置したという。…

※「来迎寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

来迎寺の関連キーワード鹿児島県いちき串木野市大里奈良県奈良市来迎寺町愛知県知立市来迎寺町武田耕雲斎等墓小治田安萬侶墓角屋七郎兵衛奈良県奈良市大津(市)熊取(町)八条院高倉井上 円了都祁[村]飯南[町]越路[町]地獄変相狩野探幽久隅守景託阿法洲聖衆来迎松王健児

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来迎寺の関連情報