コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊石[町] くまいし

2件 の用語解説(熊石[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

熊石[町]【くまいし】

北海道爾志(にし)郡の旧町。日本海に面し,口蝦夷(くちえぞ)地の北限といわれた。海沿いのわずかな平地に集落が発達,森林資源が豊富で,漁業が主産業。門昌庵,見市(けんいち)温泉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くまいし【熊石[町]】

北海道南西部,檜山支庁爾志(にし)郡の町。渡島(おしま)半島中部西岸に位置し,日本海に面する。1962年町制。人口4281(1995)。町名はアイヌ語の〈クマウシ〉(魚の干竿のある所)より転訛したものとも,町内にある奇岩〈雲石〉より生じたものともいわれる。松前藩時代からニシン漁が盛んに行われた所で,全就業者の14%(1990)が漁業就業者であるが,ここ20年間に半減した。スケトウダラ,イカがおもな漁獲物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熊石[町]の関連キーワード渡島半島尾花岬檜山支庁檜山江差渡島白老渡島富士倶知安総合振興局

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone