熊石[町](読み)くまいし

世界大百科事典 第2版の解説

くまいし【熊石[町]】

北海道南西部,檜山支庁爾志(にし)郡の町。渡島(おしま)半島中部西岸に位置し,日本海に面する。1962年町制。人口4281(1995)。町名はアイヌ語の〈クマウシ〉(魚の干竿のある所)より転訛したものとも,町内にある奇岩〈雲石〉より生じたものともいわれる。松前藩時代からニシン漁が盛んに行われた所で,全就業者の14%(1990)が漁業就業者であるが,ここ20年間に半減した。スケトウダラ,イカがおもな漁獲物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android