熊石[町](読み)くまいし

世界大百科事典 第2版の解説

くまいし【熊石[町]】

北海道南西部,檜山支庁爾志(にし)郡の町。渡島(おしま)半島中部西岸に位置し,日本海に面する。1962年町制。人口4281(1995)。町名はアイヌ語の〈クマウシ〉(魚の干竿のある所)より転訛したものとも,町内にある奇岩〈雲石〉より生じたものともいわれる。松前藩時代からニシン漁が盛んに行われた所で,全就業者の14%(1990)が漁業就業者であるが,ここ20年間に半減した。スケトウダラ,イカがおもな漁獲物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android