コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡島山地 おしまさんち

3件 の用語解説(渡島山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡島山地
おしまさんち

北海道南西部,渡島半島の骨格をなす山地。広義には石狩・勇払平野以西の山地をさす。寿都(すっつ)-長万部地溝帯と石狩低地帯とに挟まれた地域は新第三紀層とこれに伴う火山地域で,支笏湖洞爺湖倶多楽湖カルデラ湖と,これを取り巻いて恵庭岳樽前山有珠山羊蹄山ニセコアンヌプリなどの火山が噴火し,広い安山岩地域をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おしま‐さんち〔をしま‐〕【渡島山地】

北海道南西部にある山地。渡島半島の南北に連なり、大千軒(だいせんげん)岳はその秀峰といわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡島山地
おしまさんち

北海道南西部、渡島半島の骨格をなす山地。石狩―勇払(ゆうふつ)低地帯の南西に位置する。長万部(おしゃまんべ)と寿都(すっつ)湾を結ぶ黒松内(くろまつない)低地帯の北東部は、緑色凝灰岩層を主とする新第三紀層の上に安山岩の火山が噴出し、余市(よいち)岳、恵庭(えにわ)岳、樽前(たるまえ)山の火山列と、雷電山、ニセコアンヌプリ、羊蹄(ようてい)山、有珠(うす)山の火山列が北西―南東に連なる。また、支笏(しこつ)湖、洞爺(とうや)湖、赤井川のカルデラが分布し、尻別(しりべつ)川、余市川が流れる。黒松内低地帯の南部は新第三系、古生層、中生層、花崗(かこう)岩からなり、駒ヶ岳(こまがたけ)、横津岳、遊楽部(ゆうらっぷ)岳、乙部(おとべ)岳、大千軒岳があり、利別(としべつ)川、厚沢部(あっさぶ)川、遊楽部川が流れるが、河谷平野は狭い。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡島山地の関連キーワード渡島半島狩場山地檜山横津岳渡島渡島富士北海道渡島〈総合振興局〉熊石〈町〉瀬棚〈町〉北海道檜山〈振興局〉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone