コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕楽 エンガク

デジタル大辞泉の解説

えん‐がく【×燕楽】

中国で、古代から宴会の席で演奏した音楽。各時代の新しい流行や、西域から移入された胡楽(こがく)などを取り入れたもの。儀式のときの雅楽に対して俗楽ともいった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

燕楽【えんがく】

中国宮廷での宴饗(えんきょう)音楽の総称。宴楽とも書く。中国語ではイェンユエ。狭義には南朝宋代の宮廷俗楽。讌楽は唐・宋代の胡楽を盛りこんだもので,国家的祭典,宮廷の祝宴で皇帝を賛美した。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

えんがく【燕楽】

中国で古代から行われた宴会用の音楽。祭祀さいしに奏せられた雅楽に対し、娯楽的要素を備えた俗楽。 → えんらく(燕楽)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燕楽
えんがく

中国音楽の種目名。宴楽、宴饗楽(えんきょうがく)ともいう。各時代の俗楽を取り入れた宮廷の饗宴音楽で、内容が一定しないため、雅正の楽である雅楽と狭義には区別される。宴席に用いる民衆の楽として、その名称は遠く周代にもあるが、隋(ずい)・唐の時代より中央アジア、インドの亀茲楽(きじがく)、天竺楽(てんじくがく)など、西域楽(胡楽(こがく))が盛んに到来すると、これとともに国際性豊かな宴饗楽として、宮廷で正式に制定された。唐代末期に西域楽と俗楽は合して新俗楽となり、宋(そう)代にはこれを一般に燕楽とよんだ。日本の雅楽(唐楽)は西域楽を含んだ唐の宴饗楽を天平(てんぴょう)年間(729~749)から輸入し発展させたものといえる。元(げん)代では宴楽と称し、新作が試みられた。[橋本曜子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

燕楽の関連キーワード燕楽(宴楽)林謙三(1)林 謙三中国音楽犬上是成輝県古墓三隅 正凌廷堪林謙三方響胡琴