コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

父様 トウサマ

デジタル大辞泉の解説

とう‐さま【父様】

《「ととさま」の音変化》父を敬い親しんで呼ぶ語。⇔母親(かあさま)

とっ‐さま【父様】

《「ととさま」の音変化》の敬称。とうさま。
「死んだ―の遺言をば」〈円朝塩原多助一代記

とと‐さま【父様】

父を敬っていう語。おとうさま。⇔母様(かかさま)
「七つばかりの子が母の袖にすがりて―の所へいにたいといふにぞ」〈浮・武家義理・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とっさま【父様】

〔「ととさま」の転〕
父を敬っていう語。ちちうえ。 「 -かか様養ひませう/浄瑠璃・丹波与作

ととさま【父様】

父を敬っていう語。おとうさま。父上。 ↔ 母様かかさま 「いや-おれがかうして来るは/狂言記・貰聟」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

父様の関連キーワード山本嘉次郎やしゃんすつがもない平田 のぶ御祖母様一分立つすっぺり丹波与作平田のぶ心付ける宮廷語既の事走ごく見継ぎ御母様母様貰聟敬語側辺相中

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

父様の関連情報