コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛疫 ぎゅうえきcattle plague; Rinderpest

4件 の用語解説(牛疫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛疫
ぎゅうえき
cattle plague; Rinderpest

ウイルスによる牛の伝染病。家畜法定伝染病。病気にかかった牛は発熱し,激しい下痢を起し,口腔粘膜に牛疫爛斑を生じる。世界的に牛に大損害を与える病気であるが,日本は無病地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゅう‐えき〔ギウ‐〕【牛疫】

家畜伝染病予防法の監視伝染病家畜伝染病)の一。牛・メンヨウ・豚などがかかる急性熱性伝染病。病原体はウイルスで伝染力が強く、死亡率は高い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

牛疫【ぎゅうえき】

家畜法定伝染病の一つ。牛疫ウイルスによるウシの急性伝染病で,潜伏期は3〜9日,急性の発熱,口腔や胃の粘膜に壊死(えし),潰瘍(かいよう)を起こす。日本では明治年間に流行したが,今日では発生をみない。
→関連項目ウイルス病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛疫の関連情報