コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡猫ムルの人生観 おすねこムルのじんせいかんLebensansichten des Katers Murr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牡猫ムルの人生観
おすねこムルのじんせいかん
Lebensansichten des Katers Murr

ドイツの作家 E.T.A.ホフマンの小説。2巻,1820~22年刊。未完。学問があり,やや俗物的でうぬぼれの強い猫ムルが語る自伝と,随所に挿入される狂死した楽長クライスラーの伝記とから成り,序文で印刷屋が2つの原稿をまちがって混ぜて印刷したためと断っている。猫と人間の伝記の間の類似から,皮肉でグロテスクな味がかもし出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おすねこムルのじんせいかん〔をすねこ‐のジンセイクワン〕【牡猫ムルの人生観】

《原題、〈ドイツ〉Lebensansichten des Katers Murrホフマンの風刺的長編小説。未完。1820年から1822年にかけて第2部までを刊行。人語を解する猫ムルの手記という体裁で書かれている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おすねこムルのじんせいかん【牡猫ムルの人生観 Lebens‐Ansichten des Katers Murr】

ドイツの作家E.T.A.ホフマンの長編小説。第1巻1820年,第2巻1822年刊。正式の題名は〈ならびに偶然まじり込んだ楽長ヨハネス・クライスラーの伝記断片〉という添書きをともなう。学をつんだ牡猫ムルは若い世代のために自分の生涯の回想録を書くが,その際,《楽長クライスラー伝》なる書物のページをやぶいて吸取紙もしくは下敷きとして使い,それがそのまま原稿にまじって印刷されたために,ムルの回想はしばしばクライスラー伝の断片によって中断される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牡猫ムルの人生観
おすねこむるのじんせいかん
Lebensansichten des Katers Murr

ドイツ・ロマン派の作家ホフマンの長編小説。2巻(1820~22)。自ら名声を誇る牡猫ムルが半生記を綴(つづ)り、かたわら人間の日常性を批評するという趣向の手記で、書くにあたって飼い主の宮廷楽長クライスラーが書きかけていた伝記の下書きの紙を利用したため、クライスラーの手記も混じったまま印刷されてしまったという構成になっている。芸術家なる存在様式や芸術観にも触れており、いわゆるロマン的アイロニーに満ち、日常性に埋没した現実主義への批判が、思想上でも手法上でも表現されている。自伝的要素の濃い作品。[深田 甫]
『深田甫訳『ホフマン全集7 牡猫ムルの人生観』(1973・創土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

牡猫ムルの人生観の関連キーワードホフマン(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann)秋山 六郎兵衛ETAホフマン日常性

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牡猫ムルの人生観の関連情報