牢人(読み)ろうにん

日本大百科全書(ニッポニカ)「牢人」の解説

牢人
ろうにん

浪人とも書く。(1)古代においては、本籍を離れ、他国で暮らす浮浪人をいう(の字を用いる)。715年(霊亀1)浮浪人にその居住地で調庸(ちょうよう)を課す土断(どだん)法が施行され、のちその地の戸籍に編入することを認め、律令(りつりょう)政府は浮浪人の再編成を図ったが、浮浪人はらず、荘園(しょうえん)開墾の労働力として吸収されていった。三善清行(みよしきよゆき)の『意見封事十二箇条』(『本朝文粋(ほんちょうもんずい)』所収)には、かつて2万人の壮丁(そうてい)を出した備中(びっちゅう)国邇磨郷(にまのごう)が、8世紀なかばに1900余人の課丁となり、9世紀なかばには70余人の課丁に減じ、9世紀末には老丁2人、正丁4人、中男3人を数えるだけとなり、10世紀の初めには1人の記載もなくなってしまったと述べられているが、それらの人々は、租庸調その他の負担を嫌い、出家になったり、戸籍、計帳を偽ったりして、帳簿のうえではついに記載ゼロになってしまったのであり、その多くは浮浪人という新しい労働力として荘園に組み入れられたのであろう。(2)中世以後、主家を離れたり、失ったりした武士をいう。戦国時代から関ヶ原の戦い、大坂の陣にかけて、諸大名は戦力の充実を必要としたので、牢人には主(あるじ)選び、すなわち自分の力量を十分に認めてくれる主人、将来性のある主人を求める余裕があり、したがって現在の主人に見切りをつけ、進んで牢人となる者もあった。牢人にも、〔1〕筋目のしっかりした武功の誉れの高い牢人で、家来の20人や30人を引き連れ、資金提供者があって、主家をより取りにできるような者もあれば、〔2〕実力もなく、悪事を働いて主家をほうり出され、だれも貢いでくれる者がない、尾羽(おは)うち枯らした牢人などもあった。しかし、江戸時代に入り、戦争のない時代になると、諸大名は譜代(ふだい)の家来の生活を優先させるために、新参者の人減らしを行い、また幕府の大名取潰(とりつぶ)し政により牢人五十数万人が全国にあふれたといわれる。そうした社会不安から慶安(けいあん)事件(由比正雪(ゆいしょうせつ)の乱)などが引き起こされたため、幕府は大名取潰しを緩和するなど牢人対策に腐心し、その減少を図った。再就職がむずかしくなると、主君や上役(うわやく)がどんなに凡庸でも、「御無理御尤(ごむりごもっとも)」と、それに従うようになる。そこから江戸時代の新しい武士道が生まれてきた。

 鎌倉末期から室町時代にかけ、「牢籠(ろうろう)」といって、落ちぶれた、廃れたの意を表し、牢籠の人、牢人の語が用いられていた。江戸後期になると、牢人と浪人とが文字遣いのうえから混用され、幕末には浪人が主として用いられた。現代でも、「主家を離れた」の意の浪人が、会社、役所を辞めた者、上級学校入学を果たせないでいる者などに用いられている。

[進士慶幹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「牢人」の解説

牢人
ろうにん

主人を失い秩禄のなくなった武士,いわば牢籠人の。音通から「浪人」とも書く。律令時代の浪人は浮浪人,逃亡者をいう。牢人は封建社会の成立後に生じたが,特に戦国時代,武家興亡が激しくなるにつれ,その発生も激増した。生活の窮迫から,軍功をあげ仕官の道を求めて戦乱を期待する者が増し,大名のうちにもこれを利用した例が多い。江戸幕府の創立当初は,幕府の大名取りつぶし政策のために牢人が著しく増加,その総数は 40万人にも及んだという。幕府にとって,この処置は,キリシタン問題とともに大きな政治的案件となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「牢人」の解説

牢人
ろうにん

江戸時代,主家を離れ禄を失った武士
「浪人」とも書く。関ケ原の戦い・大坂の役後牢人が急増し,江戸初期の大名抑圧策による減・転封,改易などでいっそう増加した。牢人は江戸初期,数十万以上に達したといわれ,社会不安の原因となり,島原の乱・慶安事件などを誘発。以後幕府は末期養子を緩和するなどの策をとり,武断政治から文治政治幕政を転換させた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android