コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野虎雄 まきの とらお

5件 の用語解説(牧野虎雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

牧野虎雄

洋画家。新潟県生。東美校卒。黒田清輝藤島武二に師事。槐樹社を経て旺玄社を創立。初期の褐色を主調にした作風から、日本画の装飾的要素を採り入れた明るい画面の日本的洋画に向かった。また帝国美校・多摩美大の教授として美術教育に尽力した。昭和21年(1946)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

牧野虎雄【まきのとらお】

洋画家。新潟県生れ。1908年東京美術学校に入り,黒田清輝藤島武二に師事。在学中第6回文展に入選し,以後も文展でたびたび賞を受けた。1924年槐樹社を興し,1942年には旺玄社を設立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野虎雄 まきの-とらお

1890-1946 大正-昭和時代の洋画家。
明治23年12月15日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)在学中に文展入選。大正8年第1回帝展に推薦出品,のち審査員となる。13年槐樹(かいじゅ)社を創設。昭和4年帝国美術学校教授,のち多摩帝国美術学校(現多摩美大)設立につくし,洋画科主任教授となる。昭和21年10月18日死去。57歳。新潟県出身。代表作に「凧揚(たこあげ)」「磯(いそ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野虎雄
まきのとらお

[生]1890.12.15. 新潟,高田
[没]1946.10.18. 東京
洋画家。 1908年東京美術学校西洋画科に入学,黒田清輝,藤島武二の指導を受け,在学中に第6回文展に初入選。卒業後,第 10,12回文展で『渓流の水浴』 (1916) ,『麦扱 (こ) く農夫』 (18) が特選となり,のち帝展審査員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧野虎雄
まきのとらお
(1890―1946)

洋画家。新潟県生まれ。白馬(はくば)会研究所に入り、1912年(大正1)東京美術学校西洋画科在学中に文展入選、翌年同校を卒業して研究科に進む。文展、帝展に出品して特選、推薦、無鑑査となり、22年以後帝展の審査員を務める。24年同志と槐樹(かいじゅ)社を創立し、33年(昭和8)旺玄(おうげん)社を創立して主宰者となる。29年帝国美術学校洋画部教授となり、35年辞任して多摩帝国美術学校(現多摩美術大学)の創設に参加し、洋画科主任教授となる。日本の風土に即した独自の装飾的写実画風を示した。代表作に『凧揚(たこあげ)』『磯(いそ)』『明るい部屋』がある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牧野虎雄の関連キーワード黒田重太郎太田喜二郎太田三郎阿以田治修油谷達有馬三斗枝栗原信鶴田吾郎寺内万治郎不破章