コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿若町 サルワカチョウ

デジタル大辞泉の解説

さるわか‐ちょう〔‐チヤウ〕【猿若町】

東京都台東区の地名。現在の浅草6丁目にあたる。中村座市村座森田座の歌舞伎劇場三座があった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さるわかまち【猿若町】

江戸末期の芝居町。現在の東京都台東区浅草6丁目に相当する。都市の消費経済の締付け政策をとった天保改革により,1841年(天保12)から42年にかけて,堺町中村座,葺屋町の市村座木挽町河原崎座(森田座)の江戸三座が,江戸の市外地である浅草聖天町,小出信濃守の下屋敷跡へ移転を命じられた。その地が猿若町と名づけられ,1丁目に中村座と人形浄瑠璃の薩摩座が,2丁目に市村座と人形浄瑠璃の結城座(ゆうきざ)が,3丁目に河原崎座が建築され,明治初年まで,江戸の歓楽街として繁栄した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さるわかちょう【猿若町】

東京都台東区の旧町名。現、浅草六丁目に当たる。天保改革のとき、風俗取り締まりのため江戸三座(のち猿若三座とも)を浅草聖天町に移して猿若町と命名。一丁目(中村座)・二丁目(市村座)・三丁目(森田座)と称し、明治初年まで栄えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿若町
さるわかちょう

東京都台東(たいとう)区北東部、現在の浅草6丁目あたりの旧地名。天保(てんぽう)の改革にあたり、1842年(天保13)堺(さかい)町、葺屋(ふきや)町、木挽(こびき)町にあった芝居小屋を浅草聖天(しょうてん)町に移し、猿若町と改称。江戸三座といわれる中村座、市村座、森田座があり、芝居の町として繁栄した。地名は、寛永(かんえい)(1624~1644)の初め江戸に下ってきた江戸俳優の祖といわれる猿若勘三郎(かんざぶろう)の姓をとったことによる。この演劇の伝統は、浅草公園の六区(ろっく)、花屋敷に受け継がれて現在に及んでいる。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の猿若町の言及

【浅草】より

… 三社権現(三社さま)の三社祭,鷲神社(お酉さま)の酉の市,浅草寺の四万六千日(ほおずき市),歳の市(羽子板市)などの開催日には群衆が山をなし,これらの祭りや行事は現在までひきつがれてにぎわいをみせている。1842年(天保13)日本橋,京橋辺の芝居小屋が聖天町西側に集められ,歌舞伎,操人形の興行街猿若町が誕生し,その繁栄に拍車をかけた。また慶長期(1596‐1615)以降,主として郭内から寺院が相次いで移ったため,浅草寺の周辺は寺町としても発達した。…

【江戸三座】より

…中村座は堺町,市村座は葺屋町(ふきやちよう),森田座は木挽町(こびきちよう)において興行したが,天保改革によって,1841年(天保12)から42年にかけて浅草の聖天町へ集められた。その地を猿若町と改名し,以後明治まで興行が行われた。中村座は中村勘三郎,森田座は森田勘弥,市村座は市村羽(宇)左衛門が基本的に代々座元として興行権を持っていたが,この三座に経済的な支障が生じ興行を継続できない事態になったおりは,控櫓(仮櫓)によって興行が行われた。…

※「猿若町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猿若町の関連キーワード片岡 仁左衛門(11代目)中村 勘三郎(17代目)市川 小団次(5代目)尾上 菊五郎(5代目)市村羽左衛門(12代)中村 明石(5代目)守田勘弥(12代)守田勘弥(12世)藤浪与兵衛(初代)福井 茂兵衛沢村 国太郎片岡仁左衛門守(森)田座中村勘三郎河竹黙阿弥藤浪与兵衛沢村 貞子遠山金四郎猿若三座跳ね・綽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android