コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城座 ゆうきざ

4件 の用語解説(結城座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結城座
ゆうきざ

江戸時代の糸操り人形芝居の伝統を継承する劇団。「結城座」は,代々の結城孫三郎を座元とする人形芝居の劇場名であったが,9世孫三郎が 1900年に一座を復興,従来の糸操りを改革して人気を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうき‐ざ〔ゆふき‐〕【結城座】

人形浄瑠璃劇場。貞享・元禄(1684~1704)ごろ、説経節太夫の初世結城孫三郎が江戸葺屋(ふきや)町に創設したという。天保の改革後、猿若町に移転し、幕末まで存続。
糸操り人形の一座。明治中期、9世結城孫三郎が創始。現在、東京都小金井市を本拠として活動している。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきざ【結城座】

江戸の人形浄瑠璃の劇場名。説経節の太夫初世結城孫三郎が江戸葺屋町に創設した芝居小屋であるが,その創設年代は明らかでない。現存する結城孫三郎の最古の正本《越前国永平寺開山記》(1689)や,地誌の《江戸図鑑綱目》に見える江戸孫三郎が結城孫三郎と同一人物であるらしいことから判断して,元禄(1688‐1704)初年の創設と考えるべきであろう。以後,木挽町に移転するなどしながら,説経節が衰えると義太夫節上演の芝居小屋として存続した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうきざ【結城座】

江戸時代の人形浄瑠璃の一座。宝永年間(1704~1711)に初代結城孫三郎が説経節により江戸葺屋町に一座を開いたのが最初と伝えられるが定かでない。
明治末年に九代目結城孫三郎の興した糸操りの一座。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の結城座の言及

【猿若町】より

…都市の消費経済の締付け政策をとった天保改革により,1841年(天保12)から42年にかけて,堺町の中村座,葺屋町の市村座,木挽町の河原崎座(森田座)の江戸三座が,江戸の市外地である浅草聖天町,小出信濃守の下屋敷跡へ移転を命じられた。その地が猿若町と名づけられ,1丁目に中村座と人形浄瑠璃の薩摩座が,2丁目に市村座と人形浄瑠璃の結城座(ゆうきざ)が,3丁目に河原崎座が建築され,明治初年まで,江戸の歓楽街として繁栄した。人形浄瑠璃2座は慶応年間(1865‐68)にこの地を出たが,1872年守(森)田座が新富町に,84年猿若座(中村座)が鳥越町に,92年市村座が下谷二長町に移転,興行街としての使命を終えた。…

【結城孫三郎】より

…現在まで11代を数えるが,その伝系については不明な点が多い。初世は17世紀後半から18世紀前半にかけて江戸の説経節の太夫として活躍,17世紀後半に江戸の葺屋町で説経節の芝居小屋結城座を創設した。《越前国永平寺開山記》《法蔵比丘》などの正本を残している。…

※「結城座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結城座の関連情報