玄海町(読み)げんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄海〔町〕
げんかい

佐賀県北西部,東松浦半島の西部,玄界灘にのぞむ町。 1956年有浦村,値賀村が合体して町制。 57年切木村の一部を編入。背後の玄武岩台地は俗に上場台地と呼ばれ,タバコ,ミカン,乳牛肉牛を産する。仮屋湾では真珠,タイの養殖も行われる。北西端の値賀崎には 75年に運転を開始した九州最初の原子力発電所がある。沿岸一帯は玄海国定公園に属する。半島一周道路の国道 204号線が縦走する。面積 35.92km2。人口 5902(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄海町の関連情報