コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉野[市] たまの

百科事典マイペディアの解説

玉野[市]【たまの】

岡山県南部,児島半島中部を占める市。1940年市制。宇野線が通じ,宇野から四国の高松市へ宇高連絡航路が通じていたが,1988年瀬戸大橋完成により廃止。現在はフェリーが通じる。
→関連項目宇野

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たまの【玉野[市]】

岡山県南部,児島半島東半を占める市。1940年宇野町と日比町が合体,市制。人口7万1330(1995)。児島湾干拓地の一部を市域に含む。近世には岡山藩に属し,藩の加子浦(かこうら)であった日比,胸上(むねあげ),八浜(はちはま)は漁港,商港として栄えた。1909年の宇野港修築完成,翌10年の宇野線開通により,宇野は貿易港および香川県高松市との宇高連絡航路の起点として発達した。19年三井造船が玉地区に立地し,その下請け,関連企業も育って造船の町になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の玉野[市]の言及

【当作歩方制】より

…幕末から明治期にかけて,備前児島半島の野崎浜(元野崎浜は倉敷市児島味野,東野崎浜は玉野市山田)でみられた特殊な地主小作制。野崎浜では1塩戸(1軒前)に3種類の当作人が存在し,それぞれ権利を意味する歩方が付与せられていた。…

※「玉野[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報