コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理気説 りきせつLi-qi-shuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

理気説
りきせつ
Li-qi-shuo

中国,南宋朱子によって大成された学説。朱子は,仏教の事の論などに触発されながら,程頤 (ていい) の「」説,張載 (ちょうさい) の「」論などを統合し,きわめて完結性の高い壮大な体系をつくり上げた。それは,天地の間のすべての事物,事象の物質的原理を気とし,その気の根拠に純粋無雑な理をおいたもので,宇宙論,人生論,道徳論のすべての領域が,この理と気によって説明される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りきせつ【理気説 Lǐ qì shuō】

理と気の関係をめぐる中国思想史上の学説。は事物の法則性をあらわす概念として先秦時代から使われ,も古代以来,事物を形づくりそれに生命を与えるガス状の物質と考えられ,中国人にはきわめてなじみ深いものであった。とくに道教や中国医学では,病は体内をめぐる気の不調によって生じるとされ,その気をコントロールすることで長命が得られるとした。しかし,気を自覚的にその哲学体系に組み込み,気の存在論を作りあげたのは北宋の張載(横渠(おうきよ))が最初であり,気に対して理を立て,理と気によって世界をとらえようとしたのも同時代の程頤(ていい)(伊川)にはじまる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の理気説の言及

【悪】より

…したがって荀子の性悪説は,孟子の説の一面を補うものである。孟子の良心論に影響を受けた宋学の理気説では,人間の本性に〈本然の性〉(理)と〈気質の性〉(気)を区別するが,前者は良心,後者は放心に当たると言っていいであろう。儒教の人間観では,放心や〈気質の性〉を克服し努力してゆくことによって,良心や〈本然の性〉の働きが強くなり,人は君子や聖人と呼ばれるような完全な状態に近づいてゆくと考える。…

※「理気説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android