(読み)ジ

デジタル大辞泉の解説

じ【璽】

印章。特に、天子の印章。
三種の神器の一。八尺瓊曲玉(やさかにのまがたま)。
「剣、―、内侍所わたし奉らるるほどこそ」〈徒然・二七〉

じ【璽】[漢字項目]

常用漢字] [音](慣)
印章。特に、天子・天皇の印。しるし。「印璽御璽(ぎょじ)玉璽国璽神璽
[名のり]しるし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じ【璽】

[1] 〘名〙 玉に刻んだ印形(いんぎょう)。特に、中国では秦以降、天子の用いるもの。日本では天皇の用いる印章をいう。御璽(ぎょじ)
※三代格‐一・貞観格序(869)「風教大同、車書共道。而未符破璽、施無事於群情、設象除刑、馳不犯於比屋」 〔史記‐淮南王伝〕
[2] 天子のしるしである三種の神器。特に、八尺瓊曲玉(やさかにのまがたま)
※日本後紀‐延暦二五年(806)三月辛巳「次璽并剣樻奉東宮

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

璽の関連情報