甘子(読み)アマゴ

  • あまえっこ
  • 甘子 (アマゴ)
  • 甘子 (カンジ)

大辞林 第三版の解説

サケ目の淡水魚。全長約30センチメートル。サケの一種で、背面は淡い青紫色で小黒点があり、体側には小判形の斑紋と赤色の小斑点が並び、成長しても消えない。ビワマスの河川型とされてきた。渓流の冷水にすみ、海に下るものもいる。釣りの好対象。美味。本州の中部以南、四国、九州の一部に分布。アメゴ。ヒラメ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人から好意を得ようとする態度の子供。いつも甘ったれて、わがままに育っている子供。甘えんぼう。
※春興倫敦子(1935)〈福原麟太郎〉プレイフェア氏演出「プレイフェア氏自身が甘えっ子のトウニー(Tony Lumpkin)を演じた」
〘名〙
① 降海性のサツキマスが陸封されたもの。ビワマスやサクラマスの陸封型のヤマメとは、同一種内の別亜種の関係。アマゴには、終生、体側に明瞭な朱点があり、他の二亜種とは区別できる。河川の上流部にすみ、水棲昆虫などを食べる。釣り魚。美味。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
② 「はららご(鮞)」の異称。《季・秋》 〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の甘子の言及

【すじこ(筋子)】より

…サケ,マスの卵巣,およびその塩蔵品。古くは〈はららご(鮞)〉〈はらら〉〈甘子(あまこ)〉とも呼び,現在は〈すずこ〉とも呼ぶ。卵巣膜に包まれたままのもので,卵粒をほぐしてばらばらにしたものがイクラである。…

※「甘子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android