甘子(読み)アマゴ

大辞林 第三版の解説

あまご【甘子】

サケ目の淡水魚。全長約30センチメートル。サケの一種で、背面は淡い青紫色で小黒点があり、体側には小判形の斑紋と赤色の小斑点が並び、成長しても消えない。ビワマスの河川型とされてきた。渓流の冷水にすみ、海に下るものもいる。釣りの好対象。美味。本州の中部以南、四国、九州の一部に分布。アメゴ。ヒラメ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の甘子の言及

【すじこ(筋子)】より

…サケ,マスの卵巣,およびその塩蔵品。古くは〈はららご(鮞)〉〈はらら〉〈甘子(あまこ)〉とも呼び,現在は〈すずこ〉とも呼ぶ。卵巣膜に包まれたままのもので,卵粒をほぐしてばらばらにしたものがイクラである。…

※「甘子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android