甘子(読み)アマゴ

大辞林 第三版の解説

あまご【甘子】

サケ目の淡水魚。全長約30センチメートル。サケの一種で、背面は淡い青紫色で小黒点があり、体側には小判形の斑紋と赤色の小斑点が並び、成長しても消えない。ビワマスの河川型とされてきた。渓流の冷水にすみ、海に下るものもいる。釣りの好対象。美味。本州の中部以南、四国、九州の一部に分布。アメゴ。ヒラメ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまえっ‐こ【甘子】

〘名〙 人から好意を得ようとする態度の子供。いつも甘ったれて、わがままに育っている子供。甘えんぼう。
※春興倫敦子(1935)〈福原麟太郎〉プレイフェア氏演出「プレイフェア氏自身が甘えっ子のトウニー(Tony Lumpkin)を演じた」

あま‐ご【甘子】

〘名〙
① 降海性のサツキマスが陸封されたもの。ビワマスやサクラマスの陸封型のヤマメとは、同一種内の別亜種の関係。アマゴには、終生、体側に明瞭な朱点があり、他の二亜種とは区別できる。河川の上流部にすみ、水棲昆虫などを食べる。釣り魚。美味。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
② 「はららご(鮞)」の異称。《季・秋》 〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の甘子の言及

【すじこ(筋子)】より

…サケ,マスの卵巣,およびその塩蔵品。古くは〈はららご(鮞)〉〈はらら〉〈甘子(あまこ)〉とも呼び,現在は〈すずこ〉とも呼ぶ。卵巣膜に包まれたままのもので,卵粒をほぐしてばらばらにしたものがイクラである。…

※「甘子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android