生分解性プラスチック(読み)せいぶんかいせいぷらすちっく(英語表記)biodegradable plastic

知恵蔵の解説

生分解性プラスチック

廃棄後、焼却せずに微生物によって分解されて、最終的に二酸化炭素と水になる環境に配慮したプラスチックのこと。増え続けるごみ対策の1つとして注目されている。土壌中の微生物はでんぷんやセルロースなどの天然高分子を分解できるので、自然界にある再生可能な天然高分子は優れた生分解性プラスチックの原料となりうる。微生物が作る高分子、生分解性合成高分子、植物や動物に由来する天然高分子に分類できる。トウモロコシのでんぷんから作ったポリ乳酸を利用した生分解性プラスチックはCD、パソコン、パッケージなどに使われている。バイオマスプラスチックは化石燃料である石油に由来する材料ではなく、バイオマス、つまり植物由来の材料(トウモロコシ等を原料とするポリ乳酸やでんぷん)を主成分として作られるプラスチックのこと。バイオマスプラスチックの性質に注目した呼称が、生分解性プラスチック。

(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

生分解性プラスチック【せいぶんかいせいプラスチック】

自然界の微生物による分解性を持たせ,環境負荷を抑えたプラスチック。大きく(1)微生物が生産するもの,(2)植物や動物などを原料としたもの,(3)化学合成したもの,(4)デンプンなどを混ぜて分解しやすくしたものに分けられる。ただし,(4)には細かくなるだけで完全には分解しないものもあり,これらは別に自然崩壊性プラスチックと呼ぶこともある。おもにポリエチレンポリプロピレンの代替品としての利用が多く,すでにシャンプーなどのボトル,使い捨て剃刀(かみそり)の柄,ボールペン,荷物運搬用緩衝材,ごみ袋などが実用化されている。しかし,まだいずれの素材も加工性,強度などの問題も多く,コストも高いため,さらに研究が進められている。→環境保全型社会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

生分解性プラスチック

 微生物などによって分解することが可能なプラスチック.ポリ乳酸など.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

せいぶんかいせいプラスチック【生分解性プラスチック】

微生物によって生産されるポリヒドロキシ酪酸系や合成のポリエステル系のプラスチックなど。地中や水中で微生物などにより分解される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生分解性プラスチック
せいぶんかいせいぷらすちっく
bio-degradable plastic

自然界の微生物によって最終的に炭酸ガスと水に完全に分解される構造をもった樹脂。生分解性プラスチックは、(1)微生物の働きによってつくられるもの、(2)化学合成によるもの、(3)動植物に由来する天然の高分子を利用するもの、に大別される。化学合成系のなかでは、トウモロコシなどの植物からつくられるポリ乳酸を原料とするプラスチックが注目されている。生分解性プラスチックは微生物によって分解されるために、廃棄物処理や環境負荷低減が期待できる。すでに食品包装やごみ袋、シャンプーの容器などで実用化されており、業界では一定の基準を満たす製品に「グリーンプラ識別マーク」を表示している。なお、生分解性プラスチックとは別に、再生可能な有機資源由来の原料から製造するプラスチックを「バイオマスプラスチック」という。[山本耕平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生分解性プラスチックの関連情報