コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活反応 せいかつはんのう vital reaction

6件 の用語解説(生活反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活反応
せいかつはんのう
vital reaction

死体に暴力などの痕跡があるとき,それが生存中に加えられたことを示す変化をいう。法医学では最も重要な反応である。創傷の局所の生活反応としては,出血,創口が大きく開いている状態,炎症症状,セロトニンヒスタミンの増加などがあり,局所以外の生活反応には,空気栓塞,脂肪栓塞,全身性貧血,血液の吸引・嚥下などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいかつ‐はんのう〔セイクワツハンオウ〕【生活反応】

生きている場合にだけ起こる反応。皮下出血や、心音・脈拍・呼吸・瞳孔(どうこう)反射など。瀕死(ひんし)の患者の生存を確かめたり、死体の損傷が生存中のものかどうかを確かめたりするのに利用される。生体反応

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

生活反応【せいかつはんのう】

法医学用語。生体反応とも。傷害その他の作用に対して,生体のみに起こる反応。死体にこの反応による変化が存在しているか否かによって,これらの作用が加えられたのが生存中か死後かが判定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいかつはんのう【生活反応 vital reaction】

法医学の用語で,諸種の侵襲(外力・異物・毒物・異常温度など)が作用した痕跡が死体に認められるとき,それが生存中(生前)に作用したことを示す生体特有の反応をいう。したがって,生活反応はその侵襲が生前に作用したか,死後に作用したかの鑑別に応用され,法医学上重要な意義をもつ。ただし,死の直前の時期(死戦期)における反応は通常弱いので,生活反応の有無の判定が困難な場合もある。生活反応には,(1)侵襲の作用した局所あるいはその近くに限局してみられる反応(局所的生活反応)と,(2)侵襲の作用部位から隔たった部位に限局して,あるいは全身性にみられる反応(全身的生活反応)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいかつはんのう【生活反応】

生体が生存している時にだけ起こる反応。外傷時の皮下出血・炎症・水疱・化膿など。法医学解剖で、受傷時期の鑑定などに役立つ。生体反応。 → 死体現象

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生活反応
せいかつはんのう

法医学用語。生きているときだけにおこる、さまざまな生体の反応をいい、全身的なものと局所的なものとに分けられる。全身的生活反応とは、創傷によって全身に現れる変化で、一般に貧血、脂肪塞栓(そくせん)、空気塞栓、実質細胞塞栓、血液吸入などがあり、このうちの一つでもあれば、その創傷は生存中に生じたものであるということができる。局所的生活反応とは、生存中に生じた創傷部に現れる反応性変化であって、次のようなものをいう。(1)表皮剥脱(はくだつ) 死斑(しはん)のないところに表皮剥脱(表皮がはぎ取られ、真皮の露出した傷)があって、そこに血液または組織液が凝固して痂皮(かひ)(かさぶた)を形成したり、毛細血管中の血液が凝固して網状を呈しているとき、あるいは、表皮剥脱部の皮下、または周囲の皮下組織に出血があるときには、生存中に生じたものであるということができる。(2)皮下出血 死斑のないところに皮下出血があれば、その創傷は生存中に生じたものである。しかも生存中に生じたものでは組織内に出た血液は固く凝固し、死後に生じたものでは液状をなすか、または軽く凝固している。なお、死斑の強いときには、皮下出血は死斑と誤認しやすいが、皮膚を切ってみると、皮下出血では皮下組織内に固い凝血を認め、死斑では凝血を認めない。(3)炎症性の発赤、腫脹(しゅちょう)、化膿(かのう)、肉芽組織 これらの所見があれば、その創傷は明らかに生前に生じたものである。また、生存中に生じた創傷は、皮膚・筋肉などの収縮によって(しかい)する(傷口が開く)が、死後に生じたものは開しても、生前の創傷に比べて軽度である。ことに死体硬直の緩解したあとに生じた創傷は開することがない。[船尾忠孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活反応の関連キーワード法医学老化防止剤片山国嘉法医解剖法医学捜査班 silent witness石川哲郎小南又一郎土井十二古田莞爾三田定則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生活反応の関連情報