コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業民主主義 さんぎょうみんしゅしゅぎindustrial democracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業民主主義
さんぎょうみんしゅしゅぎ
industrial democracy

産業の管理運営に対する労働者の参加を,ある程度認めていこうという思想,およびそのような制度。論者により具体的内容は一定しないが,いずれも生産手段の所有の問題を回避する点に特色がある。 19世紀末ウェッブ夫妻が,初めて用いたといわれる。第1次世界大戦前後に広く流行し,ヨーロッパでは改良主義的な意味の産業「社会化」と同義に用いられたが,アメリカでは労使協調主義という意味内容をもっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぎょう‐みんしゅしゅぎ〔サンゲフ‐〕【産業民主主義】

産業の管理・運営に労働者が参加する民主主義の一類型。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

産業民主主義【さんぎょうみんしゅしゅぎ】

使用者と労働者との社会的関係を民主主義的にしようとする考え方。英国の社会思想家ウェッブ夫妻が,1897年の著書のタイトルに用いて以来,一般化した。ただし,その具体的な内容は歴史的な変化をこうむっており,当初は団体交渉権の確立,労働法規の完成を基本とする穏健な労働組合主義をさしたが,さらに労働者の権利を資本家のそれに近づけることを目ざす考え方へと展開した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎょうみんしゅしゅぎ【産業民主主義 industrial democracy】

産業を運営する場合の使用者と労働者との社会的関係を民主主義的にしようとする考え方。
[内容の歴史的変化]
 その内容は,社会思想上の立場によってさまざまに理解されており,歴史的にも変化している。イギリスのウェッブ夫妻(S.ウェッブ)が労働組合の構造や機能を研究した著書の標題に用いたことから産業民主主義という言葉は普及したが,この著書では,産業民主主義の内容として労働組合の民主主義的運営と団体交渉の当事者としての機能を確保することが強調されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

産業民主主義の関連キーワードトーマス(Norman Matton Thomas)SDS[アメリカ合衆国]ナショナル・ミニマムゼンセン同盟労使協議制産業民主制コモンズ鈴木文治

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android