熱血(読み)ねっけつ

精選版 日本国語大辞典「熱血」の解説

ねっ‐けつ【熱血】

〘名〙
① 体温のまだなくなっていない生
※新撰字解(1872)〈中村守男〉「熱血 ネッケツ イキヂ」 〔宋无‐戦城南〕
② あつくたぎるような血。また、熱烈な精神、意気。激しい情熱。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・信州諏方白華山慈雲禅寺語録「揮嗔拳熱血、則且恕最耐」
雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉「熱血を吐露して著述したる書籍も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「熱血」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android