熱血(読み)ねっけつ

精選版 日本国語大辞典「熱血」の解説

ねっ‐けつ【熱血】

〘名〙
① 体温のまだなくなっていない生
※新撰字解(1872)〈中村守男〉「熱血 ネッケツ イキヂ」 〔宋无‐戦城南〕
② あつくたぎるような血。また、熱烈な精神、意気。激しい情熱。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・信州諏方白華山慈雲禅寺語録「揮嗔拳熱血、則且恕最耐」
雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉「熱血を吐露して著述したる書籍も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「熱血」の解説

ねっ‐けつ【熱血】

熱い血潮。また、血がわきたつような激しい情熱。熱烈な意気込み。「熱血を注ぐ」
[類語]気炎情熱的意欲的精力的熱狂的熱情的白熱的エネルギッシュ激越狂熱熱烈烈烈熱っぽい血が騒ぐ血気盛んパッショネートホットバイタル活発快活精彩元気活動的動的ダイナミックエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのようバイタリティー生き生ききゃぴきゃぴいけいけのりのりぴちぴち溌剌はつらつ生生せいせいビビッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「熱血」の解説

【熱血】ねつけつ

熱い血。また、心の昂揚した状態をいう。清・呉偉業〔賀新郎、病中感有り〕 を將(もつ)て治しし 耿耿(かうかう)たる胸中の熱血 待ち灑(そそ)ぎて西風殘に向はん

字通「熱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android